旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

MediaTekとTSMC、世界初の7nm 8KデジタルTVシステムオンチップを発表

2021年11月22日16時00分 / 提供:@Press

カリフォルニア州ラグナビーチ、2021年11月22日 - MediaTek(TWSE:2454)とTSMC(TWSE:2330,NYSE:TSM)は本日、世界初の7ナノメートル8KデジタルTV用フラッグシップシステムオンチップ(SoC)である「MediaTek Pentonic 2000」を発表しました。TSMCのN7の最先端プロセス技術で構築されたMediaTek Pentonic 2000は、強力な人工知能(AI)エンジン、MEMC(Motion Estimation and Motion Compensation)、VVC(Versatile Video Coding)デコーディング、およびピクチャーインピクチャー(PiP)などの機能により、比類のない性能と電力効率を提供します。

MediaTekのPentonic 2000は、VVC H.266メディアに対応する初の商用8K TVチップです。8K 120Hz MEMCエンジンを搭載し8K 120Hzディスプレイに対応する初のオールインワンチップとして、今日のストリーミング時代に不可欠な機能を提供します。Pentonic 2000はMediaTekの高性能ディスプレイ技術とAPU(AIプロセッサ)を組み合わせることで、8K AI-Super Resolution技術と、複数のPiPまたはPbP画面に対応するIntelligent View技術を提供します。テレビ業界最速のCPUとGPUを搭載したPentonic 2000は、超ワイドメモリバスと超高速UFS 3.1ストレージでより強化され、MediaTek Wi-Fi 6E、さらには5Gセルラーモデムの最速ワイヤレス接続に対応しています。

TSMCのN7プロセスは、コンシューマ製品に使用されている同社の16nmプロセス技術と比較して、30%の速度向上、55%の消費電力削減、および3倍の論理密度を実現しています。TSMCのN7プロセスは、デバイスにおける強力なエッジAIを実現し、高解像度(HD)または4Kメディアの8K解像度へのインテリジェントなアップスケール、およびユーザーの音声コマンドの素早い認識などのタスクを実行可能にします。TSMCのN7プロセスは、演算機能の向上に加え省電力性により、デバイスの熱設計においてメリットを発揮します。TSMCは、7nm技術の商用生産に初めて成功した半導体企業として、歩留まりと品質向上において、最も長期にわたる実績と最も広範なデザインエコシステムを有しています。
TSMCの7ナノメートル技術は、2021年IEEE Corporate Innovation Awardを受賞しています。

MediaTekのコーポレートバイスプレジデント兼スマートホームビジネスグループ担当ジェネラルマネージャーであるDr. Mike Changは次のように述べています。「Pentonic 2000は、MediaTekをスマートTV設計の最前線に位置づけるもので、リッチで鮮明な画像、高輝度ディスプレイ、シャープなオーディオ、およびスマートで直感的なユーザーエクスペリエンスを提供する能力を備えています。TSMCとの長年にわたるコラボレーションの中で、このようなマイルストーンを新たに達成できたことを大変嬉しく思います。今後のさらなる技術革新を楽しみにしています。」

TSMCのビジネス開発担当シニアバイスプレジデントであるDr. Kevin Zhangは次のように述べています。「TSMCのN7プロセスを採用することで、MediaTekはスーパーコンピューティングアプリケーションに対応する技術を家庭のリビングルームにもたらし、ユーザーに次世代のメディア体験を提供します。当社はMediaTekと再び手を携えて、デジタルTV分野をリードする製品を提供することを誇りに思います。」

MediaTek Pentonic 2000は、2022年第2四半期に世界市場で発売が予定されている次世代の主要な8K TVに搭載予定です。

■TSMCについて
TSMCは1987年に設立された専業ファンドリービジネスモデルの先駆者であり、それ以来、世界有数の半導体専用ファウンドリーとしての地位を築いてきました。同社は、業界をリードするプロセス技術と設計支援ソリューションのポートフォリオにより、世界中のお客様やパートナーのエコシステムの繁栄を支え、世界の半導体業界にイノベーションをもたらしています。TSMCは、アジア、ヨーロッパ、北米でグローバルに事業を展開しており、世界中で献身的な企業市民としての役割を果たしています。
最先端技術、特殊技術、および高度なパッケージング技術サービスを幅広く提供することで、2020年には281の異なるプロセス技術を使用して、510社の顧客向けに11,617種類の製品を製造しました。TSMCは、世界で最も先進的な半導体プロセス技術である5ナノメートルの生産能力を提供した最初のファウンドリーです。本社は台湾の新竹市に置いています。詳細については、 https://www.tsmc.com をご覧ください。

■MediaTek Inc.について
MediaTek Inc.(台湾証券取引所:2454)は、年間約20億台のコネクテッドデバイスを提供しているグローバルファブレス半導体メーカーです。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティ、およびIoT製品向けに革新的なシステムオンチップ(SoC)の開発で市場をリードしています。イノベーションに対する献身的な取り組みにより、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む主要テクノロジー分野で市場を牽引する地位を確立しています。それらの技術はスマートフォン、タブレット、デジタルテレビ、5G、音声アシスタントデバイス(VAD)、ウェアラブル端末、自動車用ソリューションなど幅広い製品において活用されています。
MediaTek は、スマートテクノロジーを通じて、人々が視野を広げ、容易に目標を達成できるようになることを望んでいます。優れたテクノロジーを誰もが利用できるようにし、企業活動の原動力としています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。 https://www.mediatek.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る