旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

尿失禁等のDTx※1 プラットフォーム開発の共同研究締結

2021年11月17日12時00分 / 提供:@Press

メディカル・データ・ビジョン株式会社東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之、以下「MDV」)と国立研究開発法人 国立がん研究センター(東京都中央区、理事長:中釜斉、以下「国立がん研究センター」)は、「骨盤底筋機能障害への再生医療及び治療予後を評価するDTxプラットフォームの開発」に対する共同研究契約書を締結した。

国立がん研究センター東病院千葉県柏市、院長:大津 敦)泌尿器・後腹膜腫瘍科の増田均科長と大腸外科/クオリティマネジメント室の西澤祐吏室長と連携し、 DTx技術を活用した新たな取り組みとなる。

画像 : https://newscast.jp/attachments/uszFOK4c1iZd86GW7ElY.jpg

 今回の共同研究においての対象疾患は、前立腺がんの手術後に発生する腹圧性尿失禁である。同疾患は、患者の日常活動、精神状況などに広く影響を与え、生活の質(QOL)を低下させる。同疾患に対する再生医療の治療法確立を支援する形でスタートする。(図1)
 前立腺がんの患者数は高齢化に伴い増加傾向である。同疾患に対する根治治療である前立腺全摘術の件数は、技術の進歩(主にロボットの導入)も相まって急激に増加しており、現在、国内では年間2万件弱施行されている。同手術の術後合併症として、腹圧性尿失禁が知られており、重症例は減少しているが、軽症~中等症例は10%弱の患者で見受けられる。
 同疾患は、非手術患者でも加齢に伴い増加傾向にあり、超高齢化社会においてQOLの高い生活を過ごすためにも、積極的に取り組むべき社会的な課題である。
 今回MDVが提供しているオンライン診療:オンラインドクターバンク(以下ODB)へ実装されたコルシカ※2は、患者QOLをウェアラブルデバイスと連携し新たなDCTをリアルタイムで管理可能とする。(図2)
 患者は、コルシカから定期的に表示されるQOL質問項目に答えるだけで、自動的にQOL評価が管理される。QOLを著しく阻害する疾患に有効かつ効果的である。
 今回の共同研究において、ウェアラブルデバイスと連動して以下の機能を提供することを計画している。
 これらのシステムによって、QOLの評価は遠隔デバイスを経由し排尿日誌や状態管理データライフログの収集・集積及びその解析を行うことが可能となる。

画像 : https://newscast.jp/attachments/MzkkIJK9GRScRD4OWWCt.png

増田均科長 「医療現場では、尿失禁の患者さんのQOL調査票は、外来受診時に紙ベースで記載して頂いているのが現状であり、データ収集の効率性や日常をどれだけ反映しているかなど複数の課題が指摘されております。また日々の活動量等のデータについては、取得が困難で臨床では活用されてないのが現状です。尿失禁の患者さんのみならず、多くの疾患でのQOL向上に向け、DTxプラットフォームの開発は有効かつ急務と考えます。」

MDV社長 岩崎「本件は、患者QOL データ収集を医療の質向上へ連携できる仕組みです。効果的な臨床データの収集・活用を通して新たなオンライン診療の可能性を提案し続け、さらなる流通、医療参加と病院側への患者集中の抑制に寄与したいと考えています。」

さらに詳しくはこちら : https://www.mdv.co.jp/hypermedical/press/2

■関連用語:
*1:DTx= Digital Therapeutics(デジタル治療);デジタル技術を用いて、予防・診断・治療・予後評価等の医療に関わる製品やサービス全般。
*2:コルシカ;ウェアラブルデバイスやスマートフォンを用いて、患者のライフログや問診関連データを収集し、医師の臨床をサポートするシステム。
<本件に関するお問い合わせ>
企画 柳沢、平井 Mail:hmvpr@mdv.co.jp  Tel:03-5283-6911(代表)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る