旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大阪府堺市および民間企業5社によるスマートシティに関する新たな移動支援等の構築に向けた連携協定を締結

2021年11月16日15時00分 / 提供:@Press

 アルプスアルパイン株式会社(TOKYO:6770、代表取締役社長:栗山 年弘、本社:東京、以下「アルプスアルパイン」)は、大阪府堺市(以下「堺市」)およびエヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(以下「エヌ・ティ・ティ・コムウェア」)、株式会社ゼンリン(以下「ゼンリン」)、東京海上日動火災保険株式会社(以下「東京海上日動火災保険」)、福伸電機株式会社(以下「福伸電機」)と「スマートシティに関する新たな移動支援等の構築に向けた連携協定」を締結しました。本協定の締結により、各社の強みを生かして高齢者をはじめとする地域住民への便利で安全な移動手段の導入検討を行い、地域課題の解決と快適な生活環境の整備、ひいては地域活性化を目指します。将来的には、持続可能なスマートシティモデルを策定・構築し、堺市にて社会実装を進めることで、高齢化社会においても、これまで以上に人々が安全かつ快適に生活することができる新たなまちづくりへ貢献してまいります。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る