旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

子どもの教育格差解消に向けた活動を支援する「チャリティー年賀状 全国学生デザインコンテスト 2022」入選101点を本日11月19日に発表、同時に「スマホで年賀状/ネットで年賀状」で販売開始

2021年11月19日12時00分 / 提供:@Press

株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:神戸 純、以下、博報堂アイ・スタジオ)は、社会貢献活動「チャリティー年賀状」の取り組みにおいて、2022年向け年賀はがきのデザインを募集する学生向けコンテスト「チャリティー年賀状 全国学生デザインコンテスト 2022」を開催し、入選101点を本日11月19日(金)に特設のWebサイトにて発表いたしました。
また選ばれたデザインは、教育格差解消に向け活動する公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンに、利用数に応じた支援金が寄附されるチャリティー年賀状として、オンライン注文サービス「スマホで年賀状」と「ネットで年賀状」にて一般販売されています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/285809/LL_img_285809_1.jpg
【入選の一部】

今回の応募デザイン数は、本コンテスト開始以来、過去最高の1,299点となりました。そして、来年の干支であるトラをモチーフにしたデザインが多い中、コロナ禍でなかなか会えない状況を表現したものや、ソーシャルディスタンスを保たなくても会える年になってほしいと願いが込められたものなど、学生が置かれている状況が反映されたものも目立ちました。なお、2022年2月以降、「入選」の中からさらに優れたデザインを「各賞」に選出し、発表、表彰式を開催する予定です。

博報堂アイ・スタジオは、年賀状という文化を通じてデザインの力で人と人のつながりを深め、そのつながりの中から生まれた価値によって、その時々の社会課題解決に近づけられるよう2011年から「チャリティー年賀状」に取り組んでいます。世間では、子どもの教育格差がコロナ禍でますます広がっていると言われています。博報堂アイ・スタジオは、年賀状のご利用数に応じた支援金を、経済的な理由で学校外教育を受けることができない経済困窮世帯の子どもの支援に取り組んでいる公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンの活動に寄附することで、その社会構造改善に向けた活動を支え、これまで以上に世の中や暮らしが良くなることを目指しています。

◆チャリティー年賀状2022 入選発表と販売について
入選発表サイト: https://charity-nengajo.com/products/2022/index.html
入選数 : 101点
販売価格 : 143円(税込)/枚(はがき代63円込)
販売期間 : 2021年11月19日(金)~2022年1月14日(金)
販売サイト : スマホで年賀状
iOS : https://apps.apple.com/jp/app/id728374868?mt=8
Android : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.net_nengajo.spnenga
ネットで年賀状: https://net-nengajo.jp

■「チャリティー年賀状 全国学生デザインコンテスト 2022」概要
名称 : チャリティー年賀状 全国学生デザインコンテスト 2022
エントリー受付期間 : 2021年9月1日(水)~2021年10月18日(月)
作品応募受付期間 : 2021年9月1日(水)~2021年10月18日(月)
主催 : 株式会社博報堂アイ・スタジオ
後援 : 公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS)
協力 : 株式会社CONNECTIT
作品募集サイト : https://charity-nengajo.com/entry/index.html
募集テーマ : わたしから、あなたへ。-----伝えたい気持ちはひとつじゃない。様々な人が『伝える』ための年賀状デザインを募集します。-----

各賞(2022年2月発表予定):
・大賞(1点) :副賞としてトロフィーと賞金5万円
・準大賞(1点) :副賞としてトロフィーと賞金3万円
・クリエイティブ賞-通常年賀状(1点) :副賞としてトロフィーと賞金3万円
・クリエイティブ賞-フォトフレーム年賀状(1点):副賞としてトロフィーと賞金3万円
・クリエイティブ賞-中高生対象(1点) :副賞としてトロフィーと賞金3万円
・CG-ARTS賞(1点) :副賞としてトロフィーと賞金3万円

これまでの支援金総額:9,573,570円(2021年3月時点)

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンについて
チャンス・フォー・チルドレンは、国内の子どもの貧困・教育格差解消を目的に活動する公益社団法人です。経済的な理由で学校外教育を受けることができない経済困窮世帯の子どもに、学習塾や習い事などで利用できる“スタディクーポン”を提供しています。クーポンの提供と同時に、大学生ボランティアが定期的な面談を行い、学習・進路相談やクーポン利用に関するアドバイスを行い、子どもたちをサポートしています。

━━ 法人概要 ━━
【名称】 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(Chance for Chidren,Inc)
【所在地】 仙台事務局: 宮城県仙台市青葉区本町1丁目13-24 錦ビル7階
東京事務局: 東京都江東区亀戸6丁目56-17 稲畠ビル3階
関西事務局: 兵庫県西宮市甲風園1丁目3-12 カミヤビル3階
【URL】 https://www.cfc.or.jp
【代表者】 今井 悠介 奥野 慧
【設立年月】 2011年6月20日:一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン設立
2014年1月6日 :内閣総理大臣より認定を受け、公益社団法人となる
【活動内容】 経済的な困難を抱える子どもたちへの、塾や習い事、
体験活動等で利用できるスタディクーポンの提供

■「スマホで年賀状」と「ネットで年賀状」について
株式会社CONNECTITが運営する、年賀状のオンライン注文サービスです。デザインの作成からお年玉付年賀はがきへの印刷、配送までワンストップで行うことができます。印刷されたはがきのお届け先は、ご自宅以外にお相手先様への直接お届けもご選択いただけます。アプリ版「スマホで年賀状」は利用者数※1、ダウンロード数ともにNo.1※2(累計500万ダウンロード)、カンタン、おしゃれな年賀状サービスと人気を博しています。

※1 日本国内iOS・Android合計月間アクティブユーザー数 2020年11月、12月(アップアニー(AppAnnie)調べ)
※2 日本国内iOS・Android合計ダウンロード数 2019年1月~2020年12月(アップアニー(AppAnnie)調べ)

株式会社CONNECTITについて
株式会社CONNECTITはリアルコミュニケーションとデジタルコミュニケーションを連動させたサービス提供を専門とした、デジタルコンテンツ及びサービス制作会社です。ママや家族のより便利で快適な暮らしを、ITを通じてサポートするべく、生活者に寄り添った様々な事業開発・運営を行っています。

━━ 会社概要 ━━
【名称】 株式会社CONNECTIT(コネクティット)
【所在地】 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目10番1号
【URL】 https://connectit.co.jp
【代表者】 代表取締役社長 飯野 法志
【設立年】 2014年7月
【資本金】 1,000万円
【活動内容】 「スマホで年賀状」「ネットで年賀状」「コンビニで年賀状」の運営業務

■公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS)について
CG-ARTSは、1991年に設立した公益財団法人です。画像情報分野の教育カリキュラムの策定と教材の出版、検定試験の実施、調査研究と指導者支援などの教育振興活動と、学生CGコンテストの主催、文化庁メディア芸術祭の企画・運営、展覧会やイベントのプロデュースなどの文化振興活動を通じて、優れた人を育成し社会につなげる活動をしています。

━━ 協会概要 ━━
【名称】 公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS)
【所在地】 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目8番16号 銀座アスタービル 3F
【URL】 https://www.cgarts.or.jp/
【代表者】 理事長 溝口 稔
【設立年】 1991年
【事業内容】 画像情報分野の人材の育成と文化振興

■博報堂アイ・スタジオについて
博報堂アイ・スタジオは、オウンドメディアを中心に、データを起点としたマルチタッチポイントでの顧客体験(CX)設計とUIデザイン、企画制作、テック活用、システム開発、PDCAマネジメント運用までをクロスボーダーで提供することで、クライアント企業の「ブランド創造」と「顧客創造」に貢献するデジタル領域のスペシャリスト集団です。
また、蓄積したノウハウからイノベーションを吹き込み最適なクリエイティブを提供する研究開発と新たなビジネスを生む自社事業にも積極的に取り組んでいます。

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 株式会社博報堂アイ・スタジオ
【所在地】 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビルヂング5階
【URL】 https://www.i-studio.co.jp/
【広報Fb】 https://www.facebook.com/hakuhodoistudio.pr
【代表者】 代表取締役社長 兼 CEO 神戸 純
【設立年月】 2000年6月
【資本金】 2億6,000万円
【事業内容】 インタラクティブ・クリエイティブ業務、システム開発業務、CRM業務

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る