旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

転職を考えた時に最初に相談する相手は家族?上司?転職の相談相手に関する調査結果を紹介!

2021年11月12日10時00分 / 提供:@Press

キャリアバイブル(運営会社:株式会社NEXER)は、転職の相談相手に関するアンケートを実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。

転職を考える時、最初に相談する相手は誰ですか?

転職を考える時には、誰かに相談する方も多いのではないでしょうか。
もし自分が転職したら一番迷惑をかけてしまう相手に最初に相談するのか、それともまずは気軽に話せる相手に相談するのかなどさまざまだと思います。
では、転職をしたことがあったり、転職を考えたことがある方は一番最初に誰に相談することが多いのでしょうか。
今回は転職を考える時の相談相手について、事前調査で「転職をしたことがあるもしくは転職を考えたことがある」と回答した全国の男女1730名の方々にアンケートを実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。

・引用元が「キャリアバイブルによる調査」である旨の記載
・「キャリアバイブル」の該当記事(https://nexer.co.jp/career-bible/adviser/)へのリンク設置
株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

「転職に関するアンケート」調査概要

調査期間:2021年11月5日 ~ 2021年11月8日
質問内容:
質問1:転職を考えたときに、最初に相談した相手は誰ですか?
質問2:その人に最初に相談した理由を教えてください。
集計対象人数:1730人
集計対象:事前調査で「転職をしたことがあるもしくは転職を考えたことがある」と回答した全国の男女
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

「誰にも相談しない」がもっとも多い結果に

転職の経験、もしくは転職を考えたことがあるという方々に、転職を考えたときに最初に相談した相手は誰かについて聞きました。
※転職が複数回ある場合は、最近転職を考えたときのことについて回答してもらっています。

画像 : https://newscast.jp/attachments/PZL1H5cB2estq4yNEW4I.png

44.2%の人が誰にも相談しないと回答し、もっとも多い結果になりました。
誰かに相談している方の中では、交際相手や結婚相手に最初に相談する方が多いようです。
それぞれの回答をした方に、その理由についても聞きました。

誰にも相談しない理由
・秘密裏に転職活動したかったから。
・まわりに相談できる相手がいなかったので誰にも相談しませんでした。
・相談をしていない。相談したら自分の意見と恐らく逆の事を提案されそうだし、反対されそうだから。
・正式に進捗があってから家族に話すが転職を考えた際には自分ひとりで考える
・ある程度決まるまでは誰にも相談しない。
・一番最初に人に相談するくらい悩んでいるのであれば転職しない方が良いと考えているため
・目的や希望がはっきりしていなかったので。
・転職(すべて正社員)10回以上してますが、誰にも相談したことないです。相談する時点で、最後の一押しが欲しい?つまり自身で決心がついていない状況?そんな状態なら転職しない方が良いと思います。
・転職を決めたら、他の人の意見は関係ないので。
・私は誰にも相談しない派です。人に相談した場合、相手の人も困るだろうし、相手の人が私の状況を冷静にまた、正しく判断するのは難しいと思うから。また相手の意見を取り入れて、後悔するのもイヤだから。
・もう自分自身で決めていたので、だれにも相談しなかった。
・自分自身の判断であれば悪くなってもあきらめることができる。
・辞める意思が固かったので誰にも相談しないで決めた。

誰にも相談しない理由としては、誰かに相談するくらい悩んでいるなら転職しないほうが良いからなどがありました。
自分自身の意志が固く、他の人の意見は関係ないという場合は誰にも相談しない場合が多いようです。

交際相手や結婚相手に相談する理由
・これからの生活にかかわってくるので、相談しました。
・生活に直結することだし、それ以外の人は所詮他人事だったりするから。
・一番自分を理解してくれていて状況がわかってくれている人なので。
・家族の今後の生活環境に大きく影響するので。
・一番信頼できると思ったから。
・収入が一時的になくなるし、勤務時間が変わるから、理解しておいて貰った方がいいと思ったからです。
・1番味方になってくれる人だったから。
・給料の変動があるかもしれないので、相談すべきだから
・一緒に生活しているし、収入で生活が変化するから。
・一時的に収入が無くなり迷惑を掛けてしまう相手だから。
・家計や家事分担にもかかわるので、家族の意見を聞きたいから
・その後の生活に関係すると思ったから。
・家計を共にしているので、妻に相談するのは必須です。

交際相手や結婚相手に相談する理由としては、夫婦の場合自分の転職によって生活環境に影響が出るからなどがありました。
その後の生活を考えると、まず妻や夫に相談してからという場合が多いようです。

親に相談する理由
・良いアドバイスを貰えそうだし、身近にいるので常に相談しやすいし、安心感があるからです。
・一番身近にいるし、相談したことが周りにばれるリスクがないため。
・親をはじめとする家族を誰よりも信頼しているからです。
・一番冷静に色々考えてくれそうな気がしたからと転職で何かあったときに、頼れるから。
・事前に話しておかないと、突然転職してしまうと心配をかけると思ったから。
・尊敬しているし、信頼できるから。
・親が期待を持って送り出してくれた会社のイメージが当初と全く違っていました。当時は独身で最も身近な存在は両親だったからです。
・転職を考えた時は、まだ若かったので、相談できるような友人がいなかったことと、人生経験のある親に相談しました。
・一番信頼していて相談しやすく親身になって考えてくれるから。

親に相談する理由としては、身近で相談しやすいからや、周りにばれにくいからなどがありました。
特に同居している場合は、まず親に相談するという場合が多いようです。

友達に相談する理由
・あまり相談をせずに物事を決めてしまう性格なので会社の方には相談せず身近な友達に何となく軽くですが相談はしました。
・転職の意思が固まっていない状態でフラットに話しやすいから。同年代のほうが仕事への価値観が合うから。
・同じ会社に入社したが、転職して今は他の会社におり、転職経験があるので参考になりそうなので。
・客観的な意見が聞きたかったから。
・その相手も転職経験があり、また業種も似通っていたので、いろいろ参考になると思ったため。
・一番、いいアドバイスをくれそうだと思ったから、転職経験者だったから
・色々と仕事探しをして経験があるので、参考に出来るところがあると思ったから。
・家族にはちょっと相談できる雰囲気ではなかったが、誰かに話を聞いてもらいたかったため身近な友達に相談をした。
・異業種の転職を考えており、友人が転職したい業種に就いていたので資格等あった方が良いのか相談しました。
・どういうサイトを使用しているか聞いてみた。
・違う仕事をしている友達なので、会社の人にバレてしまうことはないと思うから。

友達に相談する理由としては、同年代で気軽に相談しやすいからなどがありました。
特に転職経験のある友達に相談して、アドバイスをもらう方が多いようです。

転職エージェントやハローワークに相談する理由
・それしか思いつかなかった。本当はもっと職業、業種の選択肢を広げて考えたかったが、今ある求人の中から選ぶことしかできなかった。
・会社でも家庭でも反対されると思ったが、精神的に限界だったのでまず次の職を決めてからやめようと思ったから。
・身近な人に口外されたくなかったので。
・より良い案件を効率的に見つけたかったため
・自ら転職への行動を起こして新しい職場を探すためにプロに相談。
・会社内部において知られたくなかったから。更に、プロに相談すれば確実かつ、効率も良いと考えたから。
・プロフェッショナルのほうが信頼できると思っているので。
・転職について相談し、きちんと答えられるような人となかなか関係を築いてこれなかった。
・その道に詳しい人にサポートしてもらえると思ったから
・会社の誰にも気づかれず転職をすすめるにはここだと思ったので。
・自分自身では迷いがあったためにアドバイスが欲しかった

転職エージェントやハローワークに相談する理由としては、その道のプロに相談すれば安心だからなどがありました。
身近な人にあまり知られたくないという方も、転職エージェントやハローワークへ相談する場合が多いようです。

会社の同僚や後輩に相談する理由
・一番仕事の事で悩みを相談してきた人だから。
・仕事上のパートナーであり、最も迷惑をかけるであろう同僚なので。
・同じことを思っていれば参考になると思ったから。
・会社の中で置かれている立場が同じだったので会社の処遇について相手の意見を聞いて見た。
・現在の職場の状況を理解してくれるから。
・同期なら同じような悩みを持つと考えたから。
・一番境遇が似ている事と、普段から親しい為。
・どうしたら上司が了承してくれるかを相談したかったから。
・その道に詳しい人にサポートしてもらえると思ったから
・転職理由を一番良く分かっているので、相談内容を説明しやすい。
・会社に不満があったためその同僚も悩んでいたから相談できた。

会社の同僚や後輩に相談する理由としては、同じ職場にいる相手の方が状況を理解してもらいやすいからなどがありました。
人間関係など職場内での悩みが原因で転職を考えている場合は、同僚などに相談する場合もあるようです。

会社の上司に相談する理由
・迷惑をかけることになるので、最初は上司と思った。
・一番迷惑をかけると思われるために。
・頼れる先輩で親身になって考えてくれそうだったから。
・色々な経験をされている方で、信頼できるから。
・グループのリーダーで話しやすい先輩でした。当時の仕事内容や段取も正確に把握していたので相談しやすかった。
・会社の上司で相談に乗ってもらえるから。

会社の上司に相談する理由としては、頼れる先輩で親身になって考えてくれそうだったからなどがありました。
実際に転職することになったら一番迷惑をかけてしまうことになるからという理由もあるようです。

相談相手にかかわらず反対される場合は少ない

転職の相談をした時に、その相談相手に転職を反対されたかについても聞きました。

画像 : https://newscast.jp/attachments/cS7YZ6RVGFZhWxo66ngX.png

会社の上司に相談した場合、転職を反対された方が23.4%ともっとも多い結果になりました。
全体的に見ても、相談相手に転職を反対されることは少ないようです。

まとめ

今回は転職を考える時の相談相手についての調査結果を紹介しました。
誰にも相談しないと回答した方が約半数近くと、誰にも相談せずに転職を決める方がもっとも多いようです。
その理由としては、誰かに相談するくらい悩んでいるなら転職しないほうが良いからなどがありました。
当然、結婚しているかどうかなど身の回りの状況にもよりますが、転職の意志が固く、他の人の意見は関係ないという場合は誰にも相談しない場合が多いようです。
一方で誰かに相談している方の中では、交際相手や結婚相手に最初に相談する方が多いという結果になりました。
特に夫や妻がいる場合は生活にも影響が出てくる可能性が高いため、まずは相談するのが当然と考える方が多いようです。
また、誰に相談したとしても転職を反対されることは少ないようです。
本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「キャリアバイブル」にて公開しております。
https://nexer.co.jp/career-bible/adviser/

<記事等でのご利用にあたって>

本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「キャリアバイブルによる調査」である旨の記載
・「キャリアバイブル」の該当記事(https://nexer.co.jp/career-bible/adviser/)へのリンク設置
・運営元である株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

【キャリアバイブルについて】

『キャリアバイブル』は、「仕事の満足度を高めて人生を豊かにする」をテーマに、人生の30%の時間を費やす『仕事』の満足度を高め、自分らしい理想のライフスタイルを実現するための転職・働き方・キャリア構築などの知識を発信しています。
キャリアバイブル:https://nexer.co.jp/career-bible/

株式会社NEXERについて】

本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る