旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

不動産会社評判サービス「おうちの語り部(かたりべ)」が、掲載口コミ数4,000件を突破!

2020年09月30日09時00分 / 提供:@Press

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹)が運営する不動産会社評判サービス「おうちの語り部(かたりべ)」において、掲載する体験談数が4,000件を突破しました。

画像 : https://newscast.jp/attachments/20XtRFwIY33Y3NkhbSaZ.png

■「おうちの語り部」とは

「おうちの語り部」は、不動産の売却を検討されている方向けのWebサービスです。
実際に不動産を売却した方から体験談を収集し、無料で公開しています。
登録不要で不動産会社ごとに体験談を閲覧することができるので、自分に合った不動産会社を探すことができるサービスです。

■「おうちの語り部」が掲載する体験談について

「おうちの語り部」が掲載する体験談の特徴は、以下の3点です。

1.売却後の満足度をわかりやすく

不動産売却の一連の体験の中で、特に重要なのは「売却価格に満足しているか」「売却スピードに満足しているか」「不動産会社の対応に満足しているか」の3点です。
「おうちの語り部」では、上述の3点についてそれぞれ点数と70文字以上のコメントを掲載しているため、これから不動産売却を検討している人は一番知りたい情報を深く知ることができます。

2.売却の流れをわかりやすく

一口に不動産売却と言っても、1ヶ月で売却できる人、数年かけて売却する人、希望通りの価格で売却できる人、何度も値下げをしてようやく売却できる人と、様々な体験が存在します。
「おうちの語り部」では全ての体験談で、いつから不動産会社選びを始め、最初の査定額はいくらで、いつから売りに出し、結局いついくらで売れたのか、という売却の流れを時系列に沿って掲載しているため、売却のリアルな流れを知ることができます。

3.不動産会社の評価をわかりやすく、公平に

「おうちの語り部」では、ユーザー様の体験談を原則そのままで公開しています。
不動産会社の良い評判も悪い評判もそのまま掲載することで、本当にその不動産会社が良かったのか、悪かったのかをダイレクトに知ることが可能になります。

■「おうちの語り部」のメディア運営理念

不動産売却においては、不動産会社の対応品質が極めて重要です。
対応は丁寧だったか、こまめに連絡をもらえたか、査定額は適切だったか、販売戦略は正しかったか、積極的に対応してもらえたか。一つひとつの対応品質が、売却体験を左右します。
「おうちの語り部」は、不動産売却を検討する方が、より良い不動産会社に出会うためのプラットフォームです。
不動産売却を予定しているすべての方が優良な不動産会社に出会うことができるよう、今後も不動産売却の体験談を公開してきます。

株式会社Speeeについて

Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。なかでもデジタルトランスフォーメーション事業においては、リアル産業の情報流通をリデザインするために様々なサービスを提供しています。

関連サイト

・イエウール https://ieul.jp/
・おうちの語り部 https://ouchi-ktrb.jp/
・ヌリカエ https://www.nuri-kae.jp/

運営協力サイト

・エキサイト不動産売却 https://baikyaku.excite.co.jp/

会社概要

会社名:株式会社Speee (Speee, Inc.)
所在地:東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者:代表取締役  大塚 英樹
設立:2007年11月29日
資本金:1,363,957千円(2020年8月時点)
URL:https://speee.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る