旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

今まで諦めていたスキマの奥まで掃除が可能となる革新的技術搭載商品『ウェーブ フロアワイパー』が2020年グッドデザイン賞を受賞

2020年10月12日16時00分 / 提供:@Press

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、2019年10月に発売し、スキマの奥まで簡単に掃除ができるとお客様から好評をいただいている『ウェーブ フロアワイパー』が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の2020年度グッドデザイン賞を受賞したことをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/229902/LL_img_229902_1.jpg
UC画像01
■グッドデザイン賞を受賞した理由(審査委員の評価)
ヘッド部分は2cmのスキマの掃除を可能にし、隅々まで綺麗に掃除ができる手軽さと喜びを与えました。また自重で回転するので、状況に合わせて直接手で向きを変えたりする煩わしさがありません。収納についても、持ち上げるとヘッド部分がフラットになるので、狭いスキマにもぶら下げられる等、至れり尽くせりの使い勝手の良さがあります。形状もすっきりとシンプルにまとめられハンドルはグリップ性が高い仕様になっています。狭いスキマに入る新構造は様々な利便性を生み、進化の余地が少ないと思っていた道具に大きな変化をもたらしたことが高い評価に繋がりました。

■ウェーブ ブランドの想い
誰でも簡単に。でも想像以上の“キレイ”を実現。あなたの快適な生活を支えたい。そんな想いでウェーブは誕生しました。独自の技術で、掃除しづらい凸凹・あきらめていたスキマもいつものお掃除ですみずみまでスッキリ。気持ちの良い毎日を、ウェーブがあなたにお約束します。

■『ウェーブ フロアワイパー』のこだわりのポイント
1. ヘッドの厚み16mmの薄型フルフラット構造
今まで諦めていたわずか2cmのスキマの奥までお掃除ができるよう、持ち手からヘッドまでフルフラットになる構造とヘッド自体の厚みを考慮し設計しました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/229902/LL_img_229902_2.jpg
UC画像02
2. 自動起き上がりヘッド構造※1
※1:自重で起き上がるよう重心と回転速度を調整した構造
重力を利用してヘッドが回転し、縦のスキマに入る構造により、平面から縦のスキマまで自由自在に掃除が可能です。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/229902/LL_img_229902_3.jpg
UC画像03
3. 壁に立てかけ可能かつ部屋の雰囲気になじむ持ち手
持ち手は持ちやすく且つ、壁に立てかけても倒れない素材を採用しており、細部まで工夫するとともに、幅広い部屋にマッチするような色味や見た目にもこだわりました。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/229902/LL_img_229902_4.jpg
UC画像04

■グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、総合的なデザイン評価・推奨の活動です。これまで62年にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は約48,000件にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計16,207名(2018年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売

≪消費者の方のお問い合わせ先≫
ユニ・チャーム株式会社 お客様相談センター
TEL:0120-423-001

ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス
http://www.unicharm.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る