旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

システム運用監視サービスの簡単導入、運用お任せで「働き方改革」を支援 アイティーエム、システム運用監視パッケージManaged Liveを10月から提供開始

2020年10月13日11時00分 / 提供:@Press

MSP(Managed Service Provider)事業を主軸とした各種サービスを提供するアイティーエム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河本 剛志、以下、アイティーエム)は、システム運用監視パッケージManaged Liveを10月から提供開始します。

2019年4月1日より「働き方改革関連法」が順次施行され、「働き方改革」は大企業のみならず、中小企業においても大きな経営課題となっています。さらに新型コロナウイルスの感染拡大によって、企業は在宅勤務やリモートワークなど「働き方」の見直しを余儀なくされました。
このような環境変化の中、ITシステムの運用管理は、人的リソースに依存することも多く、24時間365日体制でシステムを監視し、障害対応や運用作業を行うことがこれまで以上の負担となり、早急な軽減策が求められています。
当社はManaged Service Provider(MSP)事業の草分け的存在として20年以上に亘りシステム運用監視サービスを提供して参りました。その経験とノウハウをもとに作業項目を最適化した新しいシステム運用監視パッケージManaged Liveの提供を開始します。
ITシステムや運用監視に不慣れな企業様においても導入時及び導入後の負担を大幅に軽減するとともに、費用対効果の高いサービスで、これからの「働き方改革」をご支援いたします。

■システム運用監視パッケージManaged Liveの主な特徴
1.簡易な導入とシステム運用負荷の大幅な軽減
監視メニューや作業項目を最適パッケージ化。情報システム部門のリソース不足やITシステムの運用に不慣れな企業様においても導入時及び導入後の負担を軽減します。

●主要なシステムを網羅したパッケージメニュー
・Webサーバ(物理)メニュー
・DBサーバ(物理)メニュー
・Web兼DBサーバ(物理)メニュー
・汎用的な業務用サーバ(物理)メニュー

●安定稼働と障害復旧対応をサポート
・監視項目(24時間365日)
サーバ死活監視/サーバリソース監視/プロセス監視/TCPポート監視/システムログ監視
・障害異常検知時の対応(24時間365日)
電話、メールでの通知/OSの再起動/プロセスの再起動

2.最適なシステム運用監視で高い費用対効果を実現
パッケージでもメニューは充実、そして初期費用も月額も抑えた特別価格でご提供します。
・初期費用:15,000 ノード~
・月額費用:14,000 ノード~

●Managed Liveサービスメニュー/価格表
https://www.itmanage.co.jp/msl/managed-live/

アイティーエムは、今後もお客様からのご意見やご要望を伺いながら、真のニーズに対して速やかにご提案し、お客様ビジネスの成功を支えます。またシステム設計から構築、運用、保守まで一貫してご提案することで、お客様の負担を軽減しながら安定稼動できるシステムの実現をサポートします。

■アイティーエム株式会社 会社概要
商号 : アイティーエム株式会社
設立 : 2017年1月4日
代表者 : 代表取締役社長 河本 剛志
所在地 : 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル33F
Webサイト: https://www.itmanage.co.jp/
事業内容 :
アイティーエム株式会社は、Managed Service Provider(MSP)事業の草分け的存在として20年以上に亘りシステム運用監視サービスを主軸とした関連商品を提供し、さまざまな業種、業態のお客様から高い評価をいただいております。当社はさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)のグループ会社としてクラウド、データセンター、セキュリティサービスなど各種サービスをご提供させていただいているサービス事業者です。

本リリースに記載されたすべてのブランドや製品は各社の商標または登録商標です。
記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る