旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

UV-C LEDで歯ブラシから髭剃りもしっかり除菌!「Oclean S1」がクラウドファンディング Makuakeに登場9月24日より一般市場販売価格から40%OFF~応援購入可能!

2020年09月25日09時30分 / 提供:@Press

株式会社TORO TECH JAPAN(東京都豊島区)は、Oclean社製のUV-C LEDマルチサニタイザー【Oclean S1】のクラウドファンディングプロジェクトをMakuake(マクアケ)にて2020年9月24日~11月23日に実施いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227599/LL_img_227599_1.png
S1イメージ

UV-C(深紫外線)と呼ばれる波長領域100~280nmの光は地球上には存在しませんが、殺菌、有機分解、光重合およびセンシングといった幅広い機能を備えています。紫外線殺菌は紫外線を使った光による殺菌です。他の殺菌方法には無い特徴を持っており、多くの用途に利用されています。太陽光にも深紫外線が含まれますが、ほとんどが地表到達前にオゾン層で吸収されてしまいます。そのため地球上で深紫外線を利用するには、LEDやランプによって人工的に光を創り出す必要があります。細菌やウイルスは、遺伝情報に基づく細胞分裂によって増殖する事で感染・発症へと至ります。この増殖に必要な遺伝情報を持つのがDNAやRNAです。深紫外線を照射すると、DNA・RNAの螺旋構造を変化させることができます。
DNA・RNAを深紫外線照射により不活性化させることで細菌やウィルスに対して有効な殺菌効果を発揮します。

「Oclean S1」は波長270~285nmの深紫外線を照射することにより高い除菌効果を発揮し、歯ブラシや髭剃りなどの安全で衛生的な使用を可能とします。

歯磨きをした後の歯ブラシにはなんと1億個以上の細菌が付着していると言われています。歯磨きはむし歯や歯周病を予防する為に、歯ブラシでお口の中に残っている小さな食べ物のカスや歯の表面についている歯垢をこすって汚れを落としていきます。このこすり落とした汚れがハブラシにもついてしまうので、汚れをちゃんと洗い落とさないと食べ物のカスが腐敗し、細菌が繁殖してしまいます。水分の残った歯ブラシは細菌が増殖しやすい状態なので汚れをそのままにしておくと歯ブラシに着いた細菌が増殖していき、その汚れた歯ブラシを使うことでお口の中のトラブルに繋がってしまう場合もあります。

「Oclean S1」は毎日のオーラルケアにより安全でより衛生的にするまさにwithコロナ時代の新常識として提案するアイテムです。有名デザイナーを起用してインテリアに溶け込むようなデザインや、6時間ごとに自動照射を行うなどの機能で手間いらず。Makuake(マクアケ)のプロジェクトで8,580円(税込)の一般市場販売予定価格から6,000円(税込・送料込み)の30%OFFで応援購入が可能、また施設など向けに10台購入のリターンは40%OFFも設定しています。

製品の使用詳細などはプロジェクトページ(下記)をご参照下さい。
https://www.makuake.com/project/oclean_s1/

株式会社TORO TECH JAPAN
http://torotech-japan.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る