旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

飯能信用金庫における「SBI損保のがん保険」団体保険のサービス開始のお知らせ

2020年09月23日11時00分 / 提供:@Press

画像 : https://newscast.jp/attachments/yvQVxl7oEcrdBinuePMc.jpg

SBI損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐正明、以下「SBI損保」)と飯能信用金庫(本店:埼玉県飯能市、理事長 松下寿夫)は、2020年9月23日より、飯能信用金庫の預金口座保有者を対象に「はんしんがお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」(※1)のサービスのご案内を対象のお客様へ順次、開始いたしますのでお知らせいたします。信用金庫におけるSBI損保の団体がん保険の制度導入は初(※2)となります。
SBI損保は総合的な保険事業を展開するSBIインシュアランスグループの一員で、ダイレクト系損保のプライスリーダーとして急成長を続け、契約件数も100万件を突破するなど、ネットチャネルを中心に業容を拡大してきました。現在はこれに加えて、金融法人、事業法人との提携、対面販売、代理店チャネルの開拓など、新たな販路拡大を展開しています。
飯能信用金庫は、存在感のある経営を実践し、地域の住民と中小企業の信頼できるパートナーとして地域社会の発展に寄与し、豊かな未来を実現します。また、地域の福祉や環境を注視したハートフルでヒューマンタッチの金融サービスを目指しております。
このたびのサービス提供は、ネットにおける保険販売に実績と経験を持つSBI損保と、地域に根差して着実に顧客基盤を拡充させてきた飯能信用金庫が全面的に手を組むことにより、お客さまに協同して有益な商品を供給できるばかりでなく、ネットとリアルのいっそうの融合を加速させる目的で実現いたしました。
「はんしんがお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」は、変化するがん治療に即応し、がんの治療費補償に特化しています。希望する最善のがん治療をご選択いただき、安心して治療に専念していただくための治療費を徹底して備える団体向け補償制度となります。
引受保険会社のSBI損保が直接ご契約を取り扱い、飯能信用金庫はダイレクトメールを通じた加入勧奨により、預金口座保有者に保険をご案内することができます。また、飯能信用金庫を団体契約者とすることでお手頃な保険料でご加入いただくことが可能です。
SBI損保が所属するSBIグループでは、「地方創生」プロジェクトを積極的に推進しており、この度の飯能信用金庫との取組みは、SBI損保としてグループ戦略にも沿いながら新たな顧客基盤の開拓を目指していくものになります。今後も各地域金融機関との協業に積極的に取組み、幅広いマーケットでのサービス提供を図ってまいります。
※1:SBI損保が提供する「がん治療費用総合保険」のペットネームです。
※2:2020年8月 SBI損保調べ
◆「はんしんがお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」概要◆
対象のお客さま:飯能信用金庫よりサービスをご案内させていただいた預金口座保有者の方
申込受付期間:2020年9月23日(水)~2020年11月30日(月)
団体契約者(加入勧奨者):飯能信用金庫
引受保険会社:SBI損害保険株式会社(引受保険会社が直接取り扱います)
◆SBI損保の会社概要
商号:SBI損害保険株式会社
所在地:東京都港区六本木1-6-1
設立:2006年6月1日
資本の額:409億円(うち資本金205億円、資本準備金204億円)
事業内容:損害保険業
URL:https://www.sbisonpo.co.jp/
◆SBIインシュアランスグループの会社概要
商号:SBIインシュアランスグループ株式会社
所在地:東京都港区六本木1-6-1
設立:2016年12月19日
資本の額:83億75百万円
事業内容:SBI損保ほか子会社の経営管理およびこれに附帯する業務
URL:https://www.sbiig.co.jp/
飯能信用金庫の会社概要
​名称 :飯能信用金庫
所在地:埼玉県飯能市栄町24-9
創業 :1951年7月
出資金:16億円
事業内容:預金業務、貸出業務、為替業務など
URL:http://www.hanno-shinkin.jp/index.shtml

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る