旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の導入状況に関する調査

2020年09月22日13時00分 / 提供:@Press

リスク対策.comは、政府が経済団体や各業界団体を通じて広く活用を呼び掛けている「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」( 以下、COCOA)について、各組織が従業員らに対しCOCOA の導入をどの程度促しているかを明らかにするため、7月28日~ 8月4日の1週間、リスク対策.comメールマガジン購読者に対してアンケート調査を実施し、380 件の有効回答を得た。その結果、個人としてCOCOAを活用しているとの回答は約63.9%だったのに対し、組織として従業員にCOCOAを推奨、あるいは指示しているとの回答は31.6%にとどまった。感染防止の有効性については理解が得られているものの、プライバシーやセキュリティ、システムへの不安が障壁になっている傾向が表れた。また、外部からのCOCOA活用の要請と、組織における活用状況を分析すると、経済団体や取引先、業界団体、行政から要請があったと回答した組織ほど従業員に対しても推奨している割合が高い傾向が浮かび上がった。回答者の組織規模は101 ~ 500 人の中堅企業が最も多かったが、中小企業から大企業まで幅広く回答を得た。業種別には製造業が最も多く、回答者の大半が総務やリスクマネジメントに関連する部門の担当者だった。

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る