旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

京都最古の禅寺として知られる建仁寺の塔頭、両足院にて現代アーティスト山田 晋也の展覧会「胎内衆会 ーぼくらは何処にかえるのだろう」を9月19日より開催

2020年09月18日15時00分 / 提供:@Press

臨済宗大本山建仁寺塔頭 両足院(京都市東山区)は、現代アーティスト山田 晋也の展覧会「胎内衆会 ーぼくらは何処にかえるのだろう」を2020年9月19日(土)から10月10日(土)の期間にて開催します。本展覧会は、絵画作品16点を両足院に展示し、方丈に面する日本庭園と抽象絵画が織りなす独自の空間が特徴です。また方丈内陣に在る本尊「阿弥陀如来立像」を覆うように作品を展示し、作品を通して阿弥陀如来立像を拝するなど、展示そのものが新たな鑑賞体験として構成されています。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る