旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

数量限定600本の『畑咲くビール』登場!第一弾は沖縄の黒糖ビール クラウドファンディングMakuake(マクアケ)で先行予約販売開始

2020年09月10日10時20分 / 提供:@Press

農業界のプラットフォーマーとして様々な事業を展開する株式会社マイファーム(京都府京都市、代表取締役:西辻 一真、以下「マイファーム」)は、全国各地の生産者と連携し、オリジナルの数量限定クラフトビールを生産・販売する『畑咲くビール』プロジェクトを開始しました。第一弾は、沖縄県の伝統的な製法で作られる黒糖を使った黒糖ビールをつくります。それに伴い、9月10日「黒糖の日」にクラウドファンディングサイトMakuakeにて先行予約販売を開始いたします。

『畑咲くビール』クラウドファンディングMakuakeサイトはこちら : https://www.makuake.com/project/hatasakubeer/

画像 : https://newscast.jp/attachments/4udZaKpWhJ6tRJPuzoEK.jpg
数量限定600本のみの生産販売

画像 : https://newscast.jp/attachments/QQPecG0MVHGtCrkcLOwc.jpg
沖縄の純黒糖ブラウンエール

『畑咲くビール』プロジェクトの背景

夏は東北、冬は沖縄とアドレスホッパーのように各生産地で移住しながら働く、マイファームスタッフがそこで見つけたこだわりの逸品と生産者の思いを込めたオリジナルビールをつくるプロジェクトを立ち上げました。各地への観光や飲食店で集まっての宴会が難しくなっている現在において、生産者とその原風景に思いを馳せることのできるビールで乾杯することで、WITHコロナにおける新しいビールコミュニケーションのカタチを提案いたします。

第一弾の黒糖ビールについて

9/10クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行予約販売を開始するのは、『畑咲くビール』第一弾となる沖縄県の黒糖ブラウンエールビールです。沖縄県宜野座村の生産者「渡久地さん」が昔ながらの製法でつくる純黒糖をつかって、同郷沖縄市の醸造会社クリフビールさんが手掛けます。宜野座村の風になびくサトウキビ畑と渡久地さんの想いに心を寄せながらお楽しみください。

全国の生産地をリレー形式でビールが繋ぐ

『畑咲くビール』では今後も全国各地の生産者の旬を使ったビールの生産を予定しています。
第1弾 9月発売  沖縄/渡久地さんの純黒糖
第2弾 10月発売 茨城/アグリニューウィンズ飯田さんのスイートカクテルペッパー
第3弾 11月発売 東京/繁昌農園繁昌さんのケール(アグリイノベーション大学校卒業生)
第4弾 12月発売 沖縄/ぴりなファーム林さんのマンゴー

畑咲くビールプロジェクトPR動画

YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=lSvsPqUQ5FU

畑咲くビールプロジェクトへの思い

乾杯はもっと美味しくなる。想いと泡の数だけ弾ける笑顔を生むビール。|マイファーム|note : https://note.com/myfarm_official/n/n61f52e105edc

株式会社マイファーム ( https://myfarm.co.jp/ )
本社所在地:〒600-8216 京都市下京区東塩小路町607番地 辰巳ビル1階
代表者  :代表取締役 西辻 一真
設立日  :2007年9月26日
資本金  :100,000,000円(資本準備金218,853,116円)
事業内容 :耕作放棄地の再生及び収益化事業/体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)/農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)/農産物生産事業および企業参入サポート/流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る