旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本アジア交流財団、東京大学とバニラ栽培についての協業の検討を開始

2020年09月09日13時15分 / 提供:@Press

日本アジア交流財団(本社:東京都港区 代表理事:後藤巳規夫)と東京大学は、バニラ栽培における生産性を高める新しい農業技術、新種開発や収益性の高い事業創造に向け、2020年8月より共同での事業検討を開始しましたのでお知らせします。具体的な協業内容につきましては決定次第、発表の予定です。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る