旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)が日本社会における自律型致死兵器システム(LAWS)への望ましい対峙の仕方を示唆 研究報告書「人工知能の軍事技術への導入に関する調査」をWEB公開中

2020年09月07日15時00分 / 提供:@Press

明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)はこのたび、2019年度の研究プロジェクトの成果である「人工知能の軍事技術への導入に関する調査」の報告書を完成し、一般向けのWEB版を公開しました。本研究プロジェクトは、科学的な根拠に基づく独立した立場からの望ましい政策や制度を求める事を目的としています。世界的に懸念されているAIの軍事技術への適用に関する課題について、技術の理解度や価値観など利害関係者への意識調査、技術的課題や実現性等の動向調査を行いました。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る