旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

GSアライアンスがセルロース系生分解性樹脂の繊維、糸、フィルムを開発

2020年06月16日10時30分 / 提供:@Press

人口爆発に伴う地球温暖化や環境破壊などは深刻な問題であり、マイクロプラスチック汚染も生態系を破壊する壊滅的なレベルになりつつあります。世界中で使い捨てパッケージやレジ袋などのディスポーザブルなプラスチック製品の使用規制の動きが強まるなか、プラスチックリサイクルの推進や、プラスチックそのものの使用量の削減、また環境中で分解する生分解性樹脂材料や紙製品などの実用化の推進やさらなる研究開発が進められています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/215800/LL_img_215800_1.jpg
セルロース系生分解性樹脂の繊維、糸

GSアライアンス株式会社(Green Science Alliance Co., Ltd.:環境、エネルギー分野に主に特化した最先端材料を研究開発する会社、本社:兵庫県川西市、代表取締役社長:森 良平 博士(工学))は、この度、当社のセルロース系生分解性樹脂を基に、生分解性繊維、糸、フィルム、シートを開発しました。

さらに当社の既存の技術であるセルロースナノファイバーを複合化させたセルロース系生分解性樹脂から作った同製品も作りました。生分解性樹脂とセルロースナノファイバーを複合化させた材料は、通常の生分解性樹脂の生分解性を促進している効果も確かめており、より環境に優しい材料となっています。言わばセルロース+セルロースナノファイバーという、学術的にもとても興味深い材料となっています。セルロース系生分解性樹脂材料は人間の食料とも拮抗しない非可食性バイオマスを原料とできる観点からも、環境にとてもやさしい材料と言えます。今後も、引張強度などの機械的強度、成形性などの樹脂特性の向上に努め、生分解性不織布などへの応用の視野を含め、国内外に事業展開を加速します。

■会社概要
商号 : GSアライアンス株式会社
代表者 : 代表取締役社長 森 良平 博士(工学)
所在地 : 〒666-0015 兵庫県川西市小花2-22-11
事業内容: 環境、エネルギー分野向けの先端材料の研究開発と製造販売
URL : https://www.gsalliance.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る