旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

阪神電車内の抗ウイルス加工にブレス社「オールチタンAT254」採用 =6月中旬より阪神電車の全358車両に噴霧加工を開始=

2020年06月24日11時00分 / 提供:@Press

株式会社ブレス(本社:大阪府大阪市、代表取締役:西崎 哲弘、以下「当社」)は、阪神電気鉄道株式会社様保有の全車両に当社が製造販売を行う「オールチタンAT-254」が、車内の抗ウイルス・抗菌加工(※)用のコーティング剤として採用され、6月中旬より噴霧加工が開始されましたのでお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/215107/LL_img_215107_1.jpg
阪神電車内を「オールチタンAT‐254」で噴霧加工する様子

「オールチタンAT-254」公式サイト: https://all-titan.com/

阪神電鉄全車両に当社の「オールチタンAT254」を採用
この度、阪神電気鉄道株式会社様は新型コロナウイルスへの対応として、乗客に安心して利用してもらうために保有する全車両での抗ウイルス加工を発表し、阪神電鉄の全車両に当社の「オールチタンAT-254」が抗ウイルス・抗菌加工(※)を行うコーティング剤として採用されることが決定しました。6月中旬より9月末(予定)にかけて順次、阪神電気鉄道株式会社様が保有する全ての車両(358両)の座席・つり革・握り棒・窓など車内全般に「オールチタンAT‐254」を噴霧加工します。また、抗ウイルス・抗菌加工済みの車内にはステッカーが掲出されます。

<参考>阪神電気鉄道株式会社様 ニュースリリース: https://www.hanshin.co.jp/company/press/detail/2856

(※)抗ウイルス・抗菌加工:今回実施している「抗ウイルス・抗菌加工」は、施工後長期にわたり継続的かつ大幅に効果低減リスクを減少させる加工のことで、ウイルスや細菌を一時的に死滅・除去する「殺菌・除菌」とは区別されます。殺菌・除菌、消毒も大切ですが、その時点でのリセット効果であり、継続的な効果低減へのリスクは残ります。

■研究所も認めるウイルス失活効果
「オールチタンAT254」は、シリカ、五酸化リン、アルミナなどが主成分の、無色透明無臭で人体や環境にも優しい水溶液です。チタニア系空気触媒の基本性能に加え、日本で有数の高性能抗菌・防カビ剤をハイブリッドさせました。北里大学北里環境科学センターによるA型インフルエンザウイルスに対して抗ウイルス性能評価試験(2009年)においても、ウイルス蛋白(スパイク)にダメージを与え、ウイルスを失活させていることが実証されています。また「オールチタンAT-254」膜の有効成分はほとんど溶解せず、微生物に対する忌避効果で防カビ性能を発揮します。その上触媒成分を溶解しないので消耗がなく、長期間の抗菌・防カビ性能を実現します。また有害物質(ホルムアルデヒド等)も吸着、分解します。

さらに、同製品は新型コロナウイルスの代替ウイルスと言われるネココロナウイルスの抗ウイルス感染価試験(2020年5月31日)においても、10分で84%を不活性化させることに成功しております。当社では更なる研究実験を行い、抗ウイルス対策コーティング剤としての高い効果に期待をしています。

■作業は一度だけ、どんなものにも使用OK
アルコールや次亜塩素水と異なり、効果が長期間持続するため一度コーティングするだけで手間いらず、短時間・低コストを実現します。布、金属、プラスティック、木、陶器、どんなものにもコーティング可能で、無色透明なので見た目も一切変わりません。抗菌・防カビのみならずウイルス対策にもなり、机・椅子・手すり・つり革・ドアノブ・トイレ(便器)などにエアガンで吹き付け感染を予防します。

【商品概要】
名称 : オールチタンAT-254
容量 : 要応談
成分 : シリカ・五酸化リン、アルミナ
使用方法 : エアガン噴霧
商品ページ: https://all-titan.com/

【会社概要】
社名 : 株式会社ブレス
所在地 : 本社:大阪府大阪市中央区瓦町4丁目7番4号南星瓦町ビル8F
代表者 : 西崎 哲弘
設立 : 平成9年1月
資本金 : 1,000万円
事業内容: ハウスクリーニング及び店舗メンテナンス、空調フィルターの販売
オールチタンセラミックコート(AT254)の製造販売元
URL : http://www.kk-bless.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る