旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【ライオン・外出自粛下の“目の疲れ・不調”に関する実態調査】外出自粛で約3人に2人が目の疲れを実感!しかし、目の不調があってもケアをしている人は約半数 運動不足やストレスのケアに比べ、目のケア意識は不足?

2020年05月25日09時30分 / 提供:@Press

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、20~60代の男女計300名を対象に外出自粛生活による“目の疲れ・不調”の実態について調査いたしました(実施時期:2020年5月8日(金)~11日(月))。その結果、外出自粛生活により、最も疲れ・不調を感じることが増えた部位は、「目」であるということが明らかになりました。また外出自粛により「ストレス(28.0%)」「よく眠れなかった(14.7%)」と心身への影響も訴える人がみられました。その中でも「目の疲れ」を感じることが増えた人は、増えていない人に比べ、これらの心身の不調を感じている割合が高いことがわかりました。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る