旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

北井地所グループ・北井 孝英社長がマスク2千枚を一般社団法人横浜港振興協会に寄付

2020年04月30日11時30分 / 提供:@Press

横浜市中区山下町でパーソナルトレーニングジムや芸能プロダクションなどを経営する北井地所グループ・北井 孝英社長(51)が4月24日、マスク2千枚を一般社団法人横浜港振興協会(藤木 幸夫会長)に寄付いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/211740/LL_img_211740_1.jpg
一般社団法人横浜港振興協会に2千枚のマスクを寄付した北井社長

北井社長の父親が生前、横浜市との関係が深かったことや同協会の藤木会長と親交があったため、寄付を決めました。

24日に同協会を訪れた北井社長は「父がお世話になった方々を少しでも支援できればと思いました。私も日頃から屈強なプロレスラーたちのトレーニングを見ているが港で働く人々も新型コロナウイルスに負けないでほしい」とマスクを渡しました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/211740/LL_img_211740_2.jpg
マスクを手にする北井社長も生粋の横浜育ち

一般社団法人横浜港振興協会には横浜港に関係する企業や団体など500社が加盟。
同協会からは「港の最前線で働く人に行き渡るようにしたい」とコメントをいただきました。

“マスクは物流を支える横浜港で働く人々の力となる。”

なお、北井社長は今夏、自身の半生を振り返り、『覚悟を決めれば楽になる』(仮題)を知道出版より上梓を予定しております。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る