旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マグロ品質判定AI「TUNA SCOPE」を活用した輸出事業が水産庁補助事業に採択

2020年04月24日11時00分 / 提供:@Press

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博、以下「電通」)および株式会社三崎恵水産(本社:神奈川県三浦市、社長:石橋 幸男、以下「三崎恵水産」)は、マグロ品質判定AI「TUNA SCOPE※」による認定を受けたマグロの輸出事業を行っています。同事業が水産庁の「令和元年度水産物輸出拡大連携推進事業」に採択されました。三崎恵水産は、日本の熟練仲買人によるマグロ尾部断面からの「目利き」の技を継承した、電通開発のAI「TUNA SCOPE」を商品仕入れフローに導入し、米ニューヨークとシンガポールの店舗において、最高品質と認定された「TUNA SCOPE認証マグロ」を提供します。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る