旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ユニッシュ、トラブルの無い「まつ育」を実現!天然由来成分100%のまつ育美容液とアイラッシュ専用エレクトロポレーション美容器を開発!

2020年04月24日09時30分 / 提供:@Press

株式会社ユニッシュ(大阪市、代表取締役:中西 博文)は、拡大する「まつ育」「まつげ美容」市場における『まつげ美容液』の問題点を解決する、天然由来成分100%のまつげ用美容液『バイオアイラッシュエッセンス』と、まつ育効果を高めるアイラッシュ専用エレクトロポレーション美容器『イーポレーション・イージーエム ミニ』を開発しました。ブランド名は『LASHBEIT(ラッシュビット)』とし、そのトリートメント技術を『NON-NEEDLE EYELASH METHOD(ノンニードル・アイラッシュ メソッド)』として、全国の美容室並びにマツエクサロン及びエステサロンルートに向け導入提案を進めて参ります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/211199/LL_img_211199_1.jpg
LASHBEIT_image_01

LASHBEIT ~ノンニードル・アイラッシュ メソッド~
URL: https://www.unish.co.jp/product/lashbeit/egm_mini.html

■「まつげ美容液による健康被害が急増!」
アイメイクをする上で、まつげのお手入れは欠かせませんが、近年「まつげ美容液」を巡っては、医薬部外品である育毛剤や輸入品のまつげ美容液を、目の周囲に使用することでアレルギーによる赤み・かゆみ・痛み・腫れ・色素沈着や黒ずみ等をともなう皮膚障害や健康被害のトラブルが多発しており、国民生活センターへの相談報告件数は年々増加しています。国民生活センターは、『顔や頭皮の部位によって皮膚の構造は大きく異なります。特にまぶたなど、目の周りは皮膚が薄く外界から物質が経皮吸収される率が最も高い部位となっています。また皮脂分泌能力は通常年齢と共に減少し40歳代を過ぎると洗顔後の皮脂分泌回復力が衰えてきます。
特に秋から春にかけて乾燥する時期は刺激等の影響を受けやすく眼周囲のトラブルが多くなるようです。そのため、多くの成分が含まれる医薬部外品の育毛剤や化粧品のまつげ美容液を使用すると、使用者の体質や、使用時期によっては、刺激またはアレルギーによる赤み、かゆみ、痛み、腫れ等が生じることがあります。(引用:国民生活センター報道発表資料「まつ育美容液による危害が急増!」)』とした専門家のコメントを添え、消費者トラブルの未然防止・拡大防止を目的として消費者に情報提供を行いました。今後の「まつ育」「まつげ美容」市場では、トラブル無く、安心・安全に使用でき、まつげの育毛と進化をサポートする製品の開発が課題とされています。

■天然由来成分100%トラブルの無い『まつげ美容液』の開発
まつげ美容液にともなうトラブルを解決するために当社では、天然由来成分100%で処方され刺激・アレルギー等の発生を防ぎ、発毛促進因子FGF-7を配合した、トラブルの無い・安心・安全なまつげ専用美容液の研究・開発を行いました。開発にあたっては、次の6つのポイントをコンセプトとしました。

(1)刺激・トラブルが起こらないよう全成分を天然由来成分100%・無添加処方とすること。
(2)発毛因子であるケラチノサイト増殖因子FGF-7(ヒトオリゴペプチド-5)を配合すること。
(3)日本EGF協会の認定原料を処方した協会認定商品とすること。
(4)目元に使用可能なMSDS(安全データシート)保有の成分のみで処方すること。
(5)筆・ブラシ等肌に触れ菌繁殖リスクのある容器は避け、ポンプ式ボトルを採用すること。
(6)エレクトロポレーションにより経皮導入されても安全な処方とすること。

研究・開発の結果、6つのコンセプト全てを網羅した、高品質で安心・安全な、まつげ専用美容液『ラッシュビット バイオアイラッシュエッセンス』が、誕生しました。

■ケラチノサイト増殖因子「FGF-7」とは
真皮には「線維芽細胞」という特殊な細胞が点在しています。線維芽細胞成長因子である「FGF(Fibroblast Growth Factor)」は、新生細胞の増殖を促す為に不可欠な因子です。
23種類存在する FGFファミリーの1つである『FGF-7』は、別名「KGF」とよばれる発毛には欠かすことのできない毛髪(頭髪・まつげ・まゆげ)の成長因子です。
FGF-7は日本では角質細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子と訳され、化粧品表示名称は『ヒトオリゴペプチド-5』として、日本化粧品工業連合会に登録されています。
FGF-7をキャッチする受容体(レセプター)は、皮膚の毛根部を含め多くの組織の上皮細胞に存在していることがわかっています。発毛のメカニズムに関しては、FGF-7が毛乳頭細胞から産生され、毛母細胞に作用し、毛母細胞の増殖・分裂を促すことで、毛髪を成長させると解釈されています。
医療領域では、FGF-7が処方された薬剤を、瞼(まぶた)に注射する『グロースファクター メソスキン療法(育毛注射)』とよばれる、まつげの育毛治療を目的とした医療が提供されていますが、注射時の痛み・治療後の腫れ・しこり化・等の副作用が報告されています。

■まつげ育毛に関する有用性試験
『ラッシュビット バイオアイラッシュエッセンス』のまつげ育毛に関する有用性を確認することを目的に、20歳代から50歳代までの一般女性20名を対象にした、アイラッシュ専用エレクトロポレーション美容器『イーポレーション・イージーエム ミニ』を用いた「ラッシュビット バイオアイラッシュエッセンス」の導入試験を5週間(35日間)実施したところ、被験者の90%以上に、まつげの高密度化や伸長効果が確認されました。
被験者個別の感想としては、「まつげが長くなった」、「まつげが抜けにくくなった」、「まつげの密度が濃くなった」、「ビューラーがしやすくなった」、「まつげにコシが出てきた」等、それぞれ有用性を実感することができました。

■日本EGF協会認定製品
『ラッシュビット バイオアイラッシュエッセンス』は、FGF-7・FGF-1・EGF等のグロースファクター原料について、生理活性・安全基準・配合濃度など厳しいガイドラインを審査する『NPO法人 日本EGF協会』の試験に合格した認定原料を使用する、日本EGF協会認定製品です。日本EGF協会発行の認定シールが貼付された本品は、同協会の認定基準を満たしたもので、グロースファクター原料の品質保証と配合保証が適正であることの証です。

■エレクトロポレーション導入技術とは
元来エレクトロポレーションとは、「電気穿孔法」といわれるバイオテクノロジーのことで、特殊な電気の刺激を利用して有用遺伝子を目的の細胞に直接注入する方法として遺伝子組換技術等に利用されています。このエレクトロポレーション技術を応用し、美容領域の効果を求める方法として開発されたエレクトロポレーション導入の基本技術及び育毛技術は、「薬物投与装置」並びに「育毛剤導入装置」として、当社が特許(※1.※2)を取得しています。
エレクトロポレーション導入技術は、肌に短く強い特殊な電気パルスを与えることで、上皮細胞、特に肌に既存する毛穴や汗腺といった孔の内壁細胞に透過経路を形成し、これによって、通常では浸透しない親水性分子や、高分子成分(FGF-7・FGF-1・EGF等のグロースファクターの他、高分子ヒアルロン酸・高分子コラーゲンをはじめ、フコキサンチン・ホスファチジルコリン・コンドロイチン硫酸・N-アセチルグルコサミン・MSM)等を、真皮層下まで導入することが可能になりました。尚、当社の業務用エレクトロポレーション装置は、エステ・医科ルートにおける納入台数として、国内最大の導入実績を誇っています。

(※1)エレクトロポレーション導入の基本技術に関する特許
発明の名称:薬物投与装置
特許番号 :特許第5397974号

(※2)エレクトロポレーション導入の育毛技術に関する特許
発明の名称:育毛剤導入装置
特許番号 :特許第4397975号

■アイラッシュ専用エレクトロポレーション美容器『イーポレーション・イージーエム ミニ』
当社の誇るエレクトロポレーション導入の特許技術を応用した、アイラッシュケア・目もと・まぶたのトリートメントに最適な、アイラッシュ専用エレクトロポレーション美容器『イーポレーション・イージーエム ミニ』は、特殊球状ヘッドの開発により、これまで禁忌事項とされていた、まつげの生え際までも無理なくトリートメントすることが可能となりました。また、ポレーションモードのほか、マイクロカレントモード・ドレナージュモードを搭載しているため、様々なバリエーションのトリートメントが可能で、お顔の凸凹に合せ細部まで、ご使用いただけます。

■『NON-NEEDLE EYELASH METHOD(ノンニードル・アイラッシュ メソッド)』
ラッシュビット『バイオアイラッシュエッセンス』と『イーポレーション・イージーエム ミニ』の併用によるトリートメント技術『NON-NEEDLE EYELASH METHOD(ノンニードル・アイラッシュ メソッド)』により、「バイオアイラッシュエッセンス」に含まれるFGF-7を、効率よくまつげ毛根部の毛母細胞まで届けることで、安心・安全な最新のアイラッシュケアをどなたでも簡単に行っていただくことができます。
当社では、『LASHBEIT(ラッシュビット)』を用いた『NON-NEEDLE EYELASH METHOD(ノンニードル・アイラッシュ メソッド)』を、全国の美容室並びにマツエクサロン及びエステサロンルートに向けて導入提案を進めて参ります。

■『NON-NEEDLE COLLAGEN TREATMENT(ノンニードル・コラーゲントリートメント)』
『イーポレーション・イージーエム ミニ』によるトリートメント応用編として、純正美容液『イーピーエッセンス・エスエー ハーフ』との組み合わせにより、目元・くちびるの「ノンニードル・コラーゲントリートメント」を行っていただくことができます。『イーピーエッセンス・エスエー ハーフ』は、高分子サクシノイルアテロコラーゲン原液と高分子ヒアルロン酸Na原液を主要成分とする高品質美容液です。『イーポレーション・イージーエム ミニ』を用いて目元やくちびるに経皮導入することで、高分子のコラーゲンとヒアルロン酸が補給できるため、即効性のある強いハリと弾力のあるお肌を実感いただくことができます。

■LASHBEIT(ラッシュビット)製品概要
【まつげ用美容液】
製品名 :『バイオアイラッシュエッセンス』
内容量 :店販用:10mL 業務用:30mL
定価 :店販用:7,000円(税別) 業務用:20,000円(税別)
内容成分:水(精製水)、プロパンジオール(トウモロコシ由来)、
ヒトオリゴペプチド-5(発酵法)、ヒアルロン酸Na(発酵法)、
マンニトール(トウモロコシ由来)、クエン酸(さつまいも等由来)、
クエン酸Na(さつまいも等由来)
製造国 :日本
発売元 :株式会社ユニッシュ 大阪市中央区道修町2-2-11

【エレクトロポレーション美容器】
製品名 :エステティックポレーション美容器
『イーポレーション・イージーエム ミニ』
定価 :49,500円(税別)
カラー :マットブラック
標準付属品:本体×1、保護キャップ×1、ACアダプター×1、
専用収納ポーチ×1、単四電池×2、取扱説明書(保証書付)×1
<定格>
定格電圧 :DC5Vまたは単四電池2本(3V)
定格電流 :0.1A
消費電力 :0.5W
素材 :ABS樹脂(本体・ヘッド部・保護キャップ)、クロムメッキ(素子・導子)
外形サイズ:W31×D28×H180(mm・最大)
重量 :95g(電池含む)
製造国 :日本

【ノンニードル・コラーゲントリートメント用美容液(目元・くちびる用)】
製品名 :『イーピーエッセンス・エスエー ハーフ』
内容量 :30mL
定価 :14,000円(税別)
内容成分:水、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、
フェノキシエタノール
製造国 :日本
発売元 :株式会社ユニッシュ 大阪市中央区道修町2-2-11

■今後の展望
当社では、LASHBEIT(ラッシュビット)『バイオアイラッシュエッセンス』及びアイラッシュ専用エレクトロポレーション美容器『イーポレーション・イージーエム ミニ』を用いた『ノンニードル・アイラッシュ メソッド』を、丈夫で健康な『まつげ』の進化をサポートする新しい美容法として、全国の美容室・マツエクサロン・エステサロンなどを中心に、導入提案を進めて参ります。
また、各製品のOEM受託も積極的に進めていく方針です。
今後も当社では、エレクトロポレーション導入技術の更なる進化を目指して、美容領域にとどまらない新しい分野に適応した技術開発とエッセンス開発を通じて、経皮吸収の可能性を追究して参ります。

■製品に関するお問い合わせ先
株式会社ユニッシュ
http://www.unish.co.jp
フリーダイヤル:0120-785188

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る