旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

移動時間をシェアして荷物を運ぶ「DIAq(ダイヤク)」 生鮮食品EC「クックパッドマート」と連携した当日配送を本格的に開始

2020年04月21日11時00分 / 提供:@Press

株式会社セルートは配送クラウドソーシングアプリ「DIAq(ダイヤク)」が公開しているAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を通じ、クックパッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役:岩田 林平)が運営する生鮮食品に特化したEC「クックパッドマート」と連携。2020年4月より、クックパッドマートで購入した商品を当日の指定時間に自宅まで配送する、自宅配送オプションの受付を本格的に開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/210995/LL_img_210995_1.png
「クックパッドマート」と連携した当日配送を本格的に開始【DIAq】

DIAqが公開しているAPIは、通販サイトやアプリにDIAqの機能を組み込み、消費者宅への当日配送や当日回収を1時間単位で依頼できる法人向けのサービスです。
このたびの連携を通じ、現在DIAqに登録している6,000名以上のアンカー(配送員)が、販売店や生産者と消費者とをつなぐ新たな選択肢として、暮らしの安心と利便性の向上に貢献していきます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/210995/LL_img_210995_2.jpg
DIAqイメージ写真

■背景
共働きや単身世帯の増加に伴い、貴重な時間を有効活用するためにネット通販の需要が高まる一方で、仕事や家庭の事情で決められた日時に荷物を受け取ることができない「不在再配達」問題が、社会と経済の両面で大きな注目を集めています。

また昨今では、リモートワークや勤務時間のフレックス化の広がりにより消費者の行動がますます多様化しており、場面に応じて自分に合った受け取り方を選ぶ仕組みの必要性が高まっています。

DIAqが提供するシェアリングエコノミー型の配送網では、1時間区切りの希望時間帯を当日ご指定いただけるため、前もって予定を立てにくい単身世帯や未就学児のいるご家庭などにおいても利便性に優れています。

■生鮮食品EC「クックパッドマート」とは
クックパッドマートは、毎日の料理に欠かせない生鮮食品に特化したECサービスです。地域の販売者や生産者の新鮮でおいしい食材を、アプリから購入できます。購入した商品は、地域の店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に届けられ、購入者は好きな時間に立ち寄って商品を受け取ることができます。

個別宅配ではなく、複数の購入者の商品を受け取り場所(マートステーション)へ共同配送する仕組みで配送効率を高め、1品からの送料無料かつ当日集荷・配送を実現しています。2018年9月よりスタートし、現在は東京都23区内、神奈川県横浜市川崎市にてサービスを提供中です。

クックパッドマート公式サイト: https://cookpad-mart.com/

【クックパッド株式会社について】
会社名:クックパッド株式会社
設立 :1997年10月
代表者:代表執行役 岩田 林平(いわた りんぺい)
本社 :〒150-6012
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー12F
資本金:5,286,015千円(2018年12月末)

■配送クラウドソーシングアプリ「DIAq」について
DIAqは、自転車で通学する学生、買い物に行く主婦、出前の原付から個人事業主のプロドライバー、バイク便のプロライダー、自転車便のプロメッセンジャーまで、多種多様な人たちが「空き時間」を使って荷物を運ぶことができるプラットフォームアプリです。アプリを通じて、シェアリングエコノミーによる、効率が良く持続可能な次世代の物流プラットフォームの提供を目指します。

DIAq(ダイヤク)公式サイト: https://www.dia-9.com/

■運営会社について
会社名:株式会社セルート
設立 :1984年11月
代表者:代表取締役 高木 惠理
本社 :〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-31-18
資本金:5,000万円

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る