旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

米国Locixへ出資し、空調ソリューション事業創出の取り組みを加速

2020年04月16日14時00分 / 提供:@Press

 ダイキン工業株式会社は、このたびシリコンバレーのスタートアップ企業である
Locix Inc.(ロシックス、以下Locix)が実施した第三者割当増資を引き受け、約200万ドル(約2億1600万円)を出資しました。
 Locixは、屋内における測位技術と高度なAI(人工知能)、Wi-Fi(無線LAN)を組み合わせて活用し、位置データや空間データ、画像データを取得・解析することにより、多様な空間における実用的なソリューションを提供しています。これらのデータ活用により、物流倉庫や工場における資産管理や、人の動線に基づく業務効率化、先進的なスマートビルディングの管理などの重要サービスの自動化が可能になります。
 当社は、2020年を最終年度とする戦略経営計画FUSION20で空調ソリューション事業の加速をテーマの1つに掲げており、空調機器をネットに接続し、大量のデータを解析することで新たな顧客価値の創出に取り組んでいます。本出資により、空調機の遠隔監視サービスにおいて、従来は手作業で設定・確認を行っていたエアコン室内機の位置情報をLocixの精度の高い位置測位技術LPS(Local Positioning System)で自動測定し、据付現場の工数削減をめざします。さらに、運用時にオフィスビル内の人や物の存在や動きを検出し、解析することで、オフィス空間におけるソリューション事業の創出が期待できます。
 当社は、高度なソリューション提供のための新たな技術開発やイノベーション創出に向け、社外との「協創」に取り組んでおり、2019年11月にスタートアップ企業との協業を推進する組織「テクノロジー・イノベーションセンター CVC室」を設立しました。また、世界のスタートアップ企業を対象に2024年までの5年間で110億円の出資枠を設定しており、Locixへの出資は初めての海外企業への出資となります。今後も世界中で新たな外部パートナーとの強固な関係を構築するため、本出資枠を活用しながら、オープンイノベーションの取り組みを加速します。

【Locixについて】

Locixは、物理的な空間をデジタル化するための革新的なソリューションを開発しています。独自のテクノロジーで、空間データ、ビジュアルデータ、およびセンサーデータを取得することで、ビジネスの発展に必要不可欠な新しい気づきを得ることできます。さらに高度なAI・データ分析と組み合わせることで、Locixソリューションは意思決定の自動化を可能にします。シリコンバレーに本拠を置くLocixは、IDベンチャーズ、東京大学エッジキャピタル、村田製作所、プロロジスベンチャーズ、ダイキン工業、NTTドコモ・ベンチャーズ、米州住友商事、iRobot、YE DIGITAL、安川電機、Acerベンチャーズなどの有力企業および戦略的投資家によって支えられています。
会社名:Locix Inc.
代表者:President & CEO Vikram Pavate
所在地:901 Sneath Ln Suite 210, San Bruno, CA 94066, United States
設 立:2015年3月
U R L :https://www.locix.co.jp/

【ダイキン】20200416_Locix社出資プレスリリース.pdf

: https://newscast.jp/attachments/oANwGrKA8E5prH6hDVKe.pdf

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る