旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ダンロップから硬式テニス用ストリング8種類を新発売

2020年03月02日11時45分 / 提供:@Press

住友ゴムグループの(株)ダンロップスポーツマーケティング(社長:尾島 祐輔)は、ダンロップブランドの硬式テニス用ストリングを国内で7月から発売します。5年後、日本国内15%のシェア※1を目指し、販売に注力してまいります。ラケットとボールの接点でもあり、プレーヤーのパフォーマンスを左右するストリングを自社開発することで、相乗効果と一貫した性能追求が可能になります。

ダンロップの硬式テニス用ストリングは、これまで欧米を中心に展開してきました。今夏発売するストリングは、米国の「IMGテニスアカデミー」(米国フロリダ州)や欧州の「ムラトグルーテニスアカデミー」(フランス、ソフィアアンティポリス市)と連携※2し、新たに開発したもので、ポリエステル系とナイロン系を主軸に、プレースタイルに合わせて8種類をラインアップしました。

また、当社契約選手は今シーズンからダンロップストリングの使用を開始しています。加えて、今年からストリングの張り替え(ストリンギングサービス)を行うスペシャリストを招集し、「TEAM DUNLOP STRINGING EXPERTS(チームダンロップ ストリンギング エキスパート)」を結成。全国各地の大会にて選手へのストリンギングサービスを実施し、選手サポートを行っています。

※1:国内ストリングブランドシェア
※2:当社は両アカデミーとオフィシャルスポンサー契約を締結しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/207127/img_207127_2.jpg

■耐久性を重視したいプレーヤーに:「エクスプロッシブ・シリーズ」
種類ごとに異なる断面形状を採用し、打球感と弾き感を最適化。打ちたいショットに応じた選択が可能になりました。「エクスプロッシブ」は、英語で「爆発的な」という意味で、力強さをイメージしています。

■快適な打球感を求めるプレーヤーに:「アイコニック・シリーズ」
種類ごとに柔らかさと食いつき感を段階的に設定。これにより打ち出し角も変化し、プレースタイルや好みに応じた適格な選択が可能になりました。「アイコニック」は多くのテニスプレーヤに好まれる心地よい打球感を目指し、ダンロップの「象徴的な」マルチストリングにしていきたいという思いを込めて名付けました。

■価格を重視するプレーヤーに:「シンセティック・タフ」
耐久性に優れ、癖の少ないストリングで、価格を重視するプレーヤーに最適です。

■ダンロップストリング使用選手コメント

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/207127/img_207127_1.jpg
ケビン・アンダーソン選手(ウィンブルドン・USオープンファイナリスト)
★「エクスクロッシブ・ツアー」使用
(ハイブリッドストリングの片方に使用)
「気持ちのいい打球感に、コントロールが加わり、私のプレーにベストマッチしていると思いました。ダンロップのこれからのストリングの進化にも期待しています。」

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/207127/img_207127_3.jpg
ワン・チャン選手(WTAランキング28位・2020年2月24日現在)
★「エクスクロッシブ・ツアー」使用
「最初に打ったときにすごくコントロールしやすいと感じて、すぐにこのストリングにしようと決めました!このストリングで活躍できるように頑張ります。」

■ダンロップストリングの特長
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/207127/img_207127_5.png
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/207127/img_207127_4.png

※当社独自基準による評価

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る