旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ManageEngineのSIEMソフトウェア Log360 「UEBA」オプションをリリース

2020年03月02日10時00分 / 提供:@Press

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役: マニカンダン・タンガラジ、本社:横浜市、以下、ゾーホージャパン)は、SIEMソフトウェア「ManageEngine Log360」に拡張機能「UEBA(User and Entity Behavior Analytics:ユーザーおよびエンティティの行動分析)」を加えた最新版を2020年3月2日にリリースいたしました。

画像 : https://newscast.jp/attachments/JcpfmAiRHnHHt1SVmsF1.png
https://www.manageengine.jp/products/Log360/

Log360 UEBA 機能紹介ページへ : https://www.manageengine.jp/products/Log360/user-and-entity-behavior-analytics.html

Log360のUEBA機能は、機械学習による内部攻撃・異常検出を可能にします。主な機能として、「スコアベースのリスク評価」や「脅威の識別」があり、内部脅威の識別/特定/調査に有用です。ユーザーやサーバー/ワークステーションへの不正アクセスやデータ流出を検知します。
UEBA機能を含むフル機能を30日間利用できる無料評価版(技術サポート付)は、以下のWebサイトよりご利用いただけます。
https://www.manageengine.jp/products/Log360/download.html

Log360 UEBAとは

Log360のUEBA機能は、スコアベースのリスク評価、脅威の識別・異常検出ができるほか、内部脅威の特定/調査に有益な役割を果たします。Verizonの2019年度データ漏洩/侵害調査報告書によると、2018年に確認された41,686件のセキュリティインシデントのうち、内部攻撃者が関与するものは30%を超えていたと報告されています。内部の人物による攻撃は、正当な手法でデータへアクセスできてしまうため、攻撃の兆候を見つけることが難しく、とりわけ従来の検知システムでは検出が困難なものでした。Log360 UEBAでは、製品が収集したログ情報からユーザーの通常の行動をベースラインとして定義し、そこから逸脱する動作にはフラグを付けることで、強固かつ精密な脅威検知が可能です。
「今日のITセキュリティ環境では、厳格なアラート規則や従来の検知システムでは、もはや不十分です。今必要とされているのは、継続的な変化を学習しそれに適応していけるシステムです。Log360のUEBAは、まさにそれを実現し、脅威検知の精度を上げると同時に、本当に調査すべき脅威の識別および調査を可能にします。」―ゾーホージャパン株式会社代表取締役 マニカンダン・タンガラジ

Log360 UEBAの特長

Log360のUEBA機能はログとして検出されるユーザーの行動を監視し、動作の変化を特定します。見逃されがちな異常行動も、フラグがつけられることで、脅威の検知と対応までにかかる時間を短縮します。Log360のUEBAの特長として次のことが挙げられます:
●異常検知:異常な時間帯のログオン、異常な回数のログオン失敗、特定のユーザーによる通常使用されるはずのないホストからのファイル削除など、異常なユーザーやエンティティの行動を特定します。
●スコアベースのリスク評価:各ユーザー/エンティティの行動を分析し、その危険度に基づいたリスクスコアを生成します。これにより、優先的に調査すべき脅威の判断が容易になります。
●脅威の識別:侵害や攻撃の兆候を特定し、内部脅威、アカウント侵害、データ流出などの主要な脅威を明らかにします。

価格と無料評価版

UEBA機能オプションの価格は下記の通りです。
●年間ライセンス 104,000円
●通常ライセンス 初年度254,000円、次年度以降の年間保守サポート 43,000円
UEBA機能を含むフル機能を30日間利用できる無料評価版(技術サポート付)は、以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.manageengine.jp/products/Log360/download.html

Log360 UEBA 機能紹介ページへ : https://www.manageengine.jp/products/Log360/user-and-entity-behavior-analytics.html

 

ManageEngineについて

ManageEngineは、ゾーホージャパン株式会社が提供するネットワークやITサービス、セキュリティ、デスクトップ・ノートPC、ビジネスアプリケーションなどを管理する製品・サービス群です。必要十分な機能に限定、かつ、直感的な操作が可能な画面設計により、短期間での導入が可能であり、その後の運用フェーズにおいても手間がかからず、よりシンプルなIT運用管理を実現します。
また、中堅・中小企業でも導入しやすいリーズナブルな価格で、これまで大手ITベンダーが提供する複雑で高額なツールを利用していた企業や、ツールを自社開発していた組織にも採用されてきました。現在では、日本国内の一般企業、官公庁や自治体などへ、5,000ライセンスを超える販売実績があり、安心して使える製品・サービスです。
最大で37言語に対応する製品・サービスは、北米、欧州をはじめ、南米、中東、アジアなど世界で18万社以上の企業や組織が導入し、企業・組織のIT運用管理のシンプル化、グローバル化に貢献しています。

IT運用管理ソフトウェア | ManageEngine : https://www.manageengine.jp/

ゾーホージャパン株式会社について

ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt. Ltd.(本社:インド タミル・ナドゥ州チェンナイ CEO:Sridhar Vembu)が開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ソフトウェア、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。
企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界18万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。「ManageEngine」は、ネットワーク管理のOEM市場でスタンダードとして認知されてきたネットワーク管理開発ツール「WebNMS」のノウハウや経験を生かして開発されたものです。
また、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で4,500万人を超えるユーザーに利用されています。国内では「Zoho CRM」や、40種類以上の業務アプリケーションを利用できる「Zoho One」を中心にユーザー数を増やしています。

ゾーホージャパン株式会社 : http://www.zoho.co.jp/

【お問い合わせ先】

■報道関係からのお問い合わせ先:ゾーホージャパン株式会社 マーケティング部 
Mail:jp-memarketing@zohocorp.com TEL:045-319-4613
■お客様からのお問い合わせ先: ゾーホージャパン株式会社 営業部 
Mail:jp-mesales@zohocorp.com TEL:045-319-4612
■ゾーホージャパンURL: http://www.zoho.co.jp/ 
■ManageEngine事業サイトURL: https://www.manageengine.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る