旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

世界最高評価の都市開発プロジェクト「インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」 シドニーの街を一望するペントハウスが完成

2020年03月02日16時00分 / 提供:@Press

【2020年3月】シドニー市内でも特に人気の高いグリーンスクエア地区で、クラウン・グループが建設した注目のプロジェクト「インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」。その一角に、誰もが憧れるペントハウスが誕生しました。新しく完成したこの2戸のペントハウスは、遮るものが一切なくシドニーのスカイラインを眺望する絶好のロケーションにあり、シドニーの中心部にも近く、シドニー空港からもわずか3駅という交通至便な場所に位置しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/207016/LL_img_207016_1.jpg
インフィニティ・バイ・クラウン・グループ 外観

段違いの構造を持つ2戸のペントハウスは、世界的な建築事務所として知られる、建築家・高田浩一が率いるKoichi Takada Architectsが設計を担当したラグジュアリーな高層住宅。5億7500万豪ドルの開発費を投じ、2019年半ばに開業して以来、シドニーで最も注目される居住エリアとなった開発プロジェクト「インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」の一角にあります。プロパティ・カウンシルズ・オブ・オーストラリア(豪州不動産評議会)の「2017年アニュアル・プロパティ・コングレス」で、世界最優秀プロジェクトのひとつに選ばれた建築です。

新しい2戸のペントハウスでは、インテリアデザインを楽しみ、広々としたリビングスペースや一面の窓から眺めるシドニーの絶景を満喫できます。各戸に3つのベッドルーム、2.5または3つのバスルーム、車2台分の駐車場、十分な収納スペース、広々とした各階のバルコニーを備えています。オープンスタイルの広々としたラウンジとダイニングエリアは、エレガントなダウンライトが灯り、キッチンとエンスイートルーム、バスルームには直管蛍光灯照明が備え付けられています。

この2戸の住宅は、他とあらゆる面で一線を画しています。天然御影石のベンチトップ、ミーレの5口ガスコンロ、保温引き出しを内蔵した自動洗浄機付きのオーブン、使いやすい一体型の冷凍冷蔵庫などを完備。またグルランのホームオートメーションとソノスのサウンドシステムを導入し、最高の環境でエンターテインメント鑑賞することができます。

エンスイートルームでも、ダブルの洗面台、レインシャワーヘッド、革装の建具、フィーチャーウォール、独立した深めの浴槽などが完備され、ベッドルームには柔らかいウール100%のカーペットを誂えています。また、バルコニーは独自の電源、ガス、水道を備えており、屋外での時間もゆったりと楽しめます。

ペントハウスの居住者になると、美しいインフィニティプール、見事に造園されたガーデン、シドニーを見晴らす絶景のスカイラウンジなど、クラウン・グループならではのリゾートスタイルを体現した施設もご利用いただけます。また、素晴らしい設備のスパとジム、小型グランドピアノを備えたミュージックルームやプライベートシネマなどの施設も用意されています。

飲食エリア「インフィニティスクエア」には、楽しいフードストリートが誕生。新しいペントハウスの居住者にも、ブッチャー アンド ザ ファーマー、ソーシャル・ソサイエティ、バーシャン・ヌードル、マクドナルド、貢茶(ゴンチャ)など、多彩な食スタイルを提供します。また、新しいインフィニティ医療センターやビーナス・ネイル、ミラクル・スーパーマーケットなどの生活に欠かせない施設も完備しています。
広々とした129m2の屋内リビングスペースと160m2の屋外エリアを備え、2戸のうち北西に面した最上階のペントハウス(スリーベッドルーム)は、3,950,000豪ドルで販売されます。入口階にはベッドルームが2室あり、その上階にマスターベッドルーム、エンスイートルーム、リビングエリア、ボタニー湾とシドニーのスカイラインを見渡す視界270度のルーフトップテラスが配されています。

広々とした148m2の屋内スペースと62m2のバルコニーを有した、もうひとつのペントハウス(スリーベッドルーム)は北向きで、4,131,000豪ドルで販売。入口階にある自然光を取り込んだ6m2の書斎は、バルコニーへの出入りもできる贅沢な構造です。ベッドルームはすべて2階にあり、全室からバルコニーにアクセス可能。マスターベッドルームにはモダンなエンスイートルームが付属しており、独立したバスタブと大きな収納スペースが魅力です。

ペントハウスを購入することで、シドニーでも指折りの便利な地域に第一級の高級住宅を保有し、いつでもシドニーの街を望む素晴らしい眺めが満喫できます。また不在時でも安心できるサービスを享受できるのも大きな魅力です。
クラウン・グループ営業本部長のプリスカ・エドワーズは、次のようにコメントしてます。
「シドニーで最新のランドマークとして話題を集める『インフィニティ・バイ・クラウン・グループ』。その中でも最上級の住居がこれらのペントハウスです。お住まいになる方にとっても、また投資目的で購入される方にとっても、誰もが羨望する究極の我が家となることは間違いありません。購入をご希望の方は、今がラストチャンス。最高級リゾートスタイルでデザインされたペントハウスは、他のどんな住居とも一線を画した、現代のラグジュアリーライフスタイルを再定義する存在となるでしょう。」

329戸の豪華なアパートメントと90室のブティックホテル「SKYE Hotel Suites」も擁し、隣には新しいグリーンスクエア市立図書館もある、20階建ての「インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」は、ユニークなループ型の建築デザインで人々の注目を集めてきました。
プリスカ・エドワーズは、このプロジェクトの魅力を次のように説明しています。
「シドニー中心業務地区とシドニー空港から4km以内。グリーンスクエア駅に直結し、隣接するプラザでは活気あるショップが軒を連ねています。このプロジェクトはシドニー市民の憧れです。中でも2軒のペントハウスは、まさにベスト・オブ・ベストと呼ぶべき住宅であり、世界最高評価を受けた建築プロジェクトにある最上級のペントハウスです。同じ地域に、このペントハウスと同等の住居はありません。素晴らしい立地とデザインに、卓越した設備を兼ね添えているからです。」

インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」は、グリーンスクエア中心部で総額130億豪ドルを投じる再開発計画の一部として建設されました。グリーンスクエアには、これから新しい地下鉄駅やアクアティックセンターなどの施設も加わります。インフィニティの住人は、エレベーターで直接グリーンスクエア駅にアクセス可能。ここまでの利便性を備えた開発プロジェクトは、都心部でも稀なケースとなっています。

インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」では、ペントハウスの他にも豪華なアパートメント(661,500豪ドル~)を数量限定で販売しています。
販売中のアパートメントに関する詳しい情報は、ウェブサイト( http://www.infinitybycrowngroup.com.au )経由もしくはお電話(1300-149-868)でお問い合わせください。

【参考】
■クラウン・グループについて
http://www.crowngroup.com.au
クラウン・グループ・ホールディングス(以下 クラウン・グループ)は、オーストラリア有数の不動産グループ。主に不動産開発、不動産投資、サービスアパートメント開発などを専門としています。グループを創設したのは、建築家のイワン・スニトとエンジニアのポール・サティオ。1996年に2人が初めて共同で手がけたプロジェクトがグループを共同創設するきっかけとなりました。

■クラウン・グループのプロジェクト
1996年の創設以来、クラウン・グループはボンダイ、ボンダイジャンクション、パラマッタ、アッシュフィールド、ホームブッシュ、ニューイントン、ペナントヒルズ、ローズといったシドニーの一等地における大型開発を成功させてきました。最近の有名な開発事例のひとつが、シドニーCBDの25階建て高層住宅「アーク・バイ・クラウン・グループ」や、プロパティ・カウンシルズ・オブ・オーストラリア(豪州不動産評議会)の「2017年アニュアル・プロパティ・コングレスが選ぶ世界最優秀プロジェクト」を受賞したグリーンスクエアの「インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」です。

クラウン・グループは現在も6軒の大型新規プロジェクトを準備中です。特に、三菱地所レジデンスと共同でウォータールー地区に5棟のタワー管区を建設する5億豪ドルのプロジェクト「マステリー・バイ・クラウン・グループ」、ウォータールー地区の「ウォーターフォール・バイ・クラウン・グループ」、イースタンサバーブの「イーストレイクス・ライブ」といったシドニーで開発中の大型プロジェクト3件が注目されており、それぞれ未来志向の都市計画として高く評価されています。

■クラウン・グループ受賞歴【 http://www.crowngroup.com.au/industry-recognition
クラウン・グループは、業界内の重要なアワードを30回以上も受賞しています。
最近ではマスター・ビルダーズ・アソシエーション(MBA)が選ぶ2019年ニューサウスウェールズ・エクセレンス・イン・コンストラクション・アワーズの「鉄鋼を使用した開発」「レンガを使用した開発」「混合素材を使用した開発」、2019年アーキテクチャー・マスタープライズ(混合素材部門)、2019年アーキタイザー・A+アワーズの「審査員賞および人気賞」、2019年HIA-CSRオーストリアン・ハウジング・アワーズの「最優秀アパートメントコンプレックス」、2019年MBA「最優秀民間プール」および2019年MBA「最優秀民間スパ」、アーバン・デベロップメント・インスティテュート・オブ・オーストラリア(UDIA)の「2019年UDIAニューサウスウェールズ最優秀高密度施設開発」、プロパティ・グルの「2018年ベストコンドミニアム開発」を受賞。
また「アーク・バイ・クラウン・グループ」がインターナショナル・プロパティ・アワーズの「2015年オーストラリア最優秀住宅建築」、「マステリー・バイ・クラウン・グループ」がアーバン・ディベロッパー・アワーズの「2019年オーストラリア最優秀マーケティング」、インターナショナル・プロパティ・アワーズの「2015年オーストラリア最優秀住宅建築」をそれぞれ受賞。
さらに「マステリー・バイ・クラウン・グループ」と「アーク・バイ・クラウン・グループ」がアーバン・デベロップメント・インスティテュート・オブ・オーストラリア(UDIA)の「2019年ニューサウスウェールズ優秀奨励賞」、「イーストレイクス・ライブ・バイ・クラウン・グループ」がインターナショナル・プロパティ・アワーズの「2019年オーストラリア最優秀開発マーケティング」、パラマッタの「V・バイ・クラウン・グループ」がアーバン・デベロップメント・インスティテュート・オブ・オーストラリア(UDIA)の「2018年UDIAニューサウスウェールズ最優秀多目的施設開発」とインターナショナル・プロパティ・アワーズの「2016年オーストラリア最優秀高層住宅建築」、「インフィニティ・バイ・クラウン・グループ」が、
プロパティ・カウンシルズ・オーストラリアの「2017年アニュアル・プロパティ・コングレスが選ぶ世界最優秀プロジェクト」、「スカイ・バイ・クラウン・グループ」が、マスター・ビルダーズ・アソシエーション(MBA)の「2017年ニューサウスウェールズ・エクセレンス・イン・コンストラクション・アワーズ」、「アーク・バイ・クラウン・グループ」が、インターナショナル・プロパティ・アワードの「2015年オーストラリア最優秀住宅開発賞」、ウォータールー地区の「バイキング・バイ・クラウン・グループ」が、マスター・ビルダーズ・オーストラリア(MBA)の「2015年ニューサウスウェールズ・エクセレンス・イン・コンストラクション・アワーズ」、
当時オーストラリア最高層の不動産開発として知られた7棟のタワー&リゾート「トップ・ライド・シティ・リビング」が、アーバン・デベロップメント・インスティテュート・オブ・オーストラリア(UDIA)の「2014年ニューサウスウェールズ・プレジデンツ・アワード」をそれぞれ受賞しています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る