旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

豪華な大型フライングブリッジクルーザーで楽しむマリンライフ 米国REGAL(リーガル)社の「リーガル42フライ」、日本初上陸。

2020年03月02日10時15分 / 提供:@Press

アメリカのプレジャーボートメーカー・リーガル社のボートを取り扱う株式会社ヤマハ藤田では、リーガル社の誇るフラッグシップ(最大艇)、42フィートの大型フライブリッジクルーザー「リーガル42フライ」の日本輸入を開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206490/LL_img_206490_1.jpg
エレガントな水中照明

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/206490/LL_img_206490_2.jpg
メインサロン

https://www.seasea.jp/media/detail.php?p=3737

■リーガル社のフラッグシップ
現行のリーガル社のフラッグシップとなるリーガル42フライは、全長12.28m、全幅3.96mと幅の広い艇体を持ち、42フィート艇の常識をくつがえすボリューム感のある居住空間を実現しています。エンジンはボルボ製のポッドドライブシステムIPS 600を2基搭載。最高速度は約34ノット(時速約63km/h)に達します。操船はハンドルとシフトレバーによる他、低速ではジョイスティックによるコントロールも可能で、マリーナなどでの離着岸時に便利な機能です。その他、シーキーパー社製(ジャイロ・スタビライザー)も搭載、静止時の横揺れを減衰します。

■主な機能と仕様・装備
前部デッキ(甲板)にはサンパッドと可倒式オーニング(日除け)を設置。後部デッキ(甲板)にはL字型ソファとBBQカウンター、スイミングプラットフォームが設置されています。後部デッキとパイロットハウス後部との間の扉は全開するため、後部デッキとメインサロンがほぼ一体の空間となります。メインサロンは大きな面積の窓ガラスに囲まれており、非常に採光性が高くなっています。メインサロンにはU字型の大型ソファとラウンジテーブル、冷蔵庫を含むキッチンカウンターが配置され、サロンの前より右側には操船席が設けられています。操船席の横の階段を下りると居住空間となります。天井部分が空洞になっており、とても開放感のあるスペースです。
このフロアには個室トイレ(シャワールーム付き)、下部キッチン、クイーンサイズベッドを配置した大型キャビン(船室)、キングサイズベッドを配置した後部キャビン(船室)が並びます。後部デッキにある階段を登るとフライブリッジへアクセス可能です。フライブリッジにも操船席が設けられています。操船席の周りにはゲスト用の座席、L字型シートやテーブルが配置されています。

■豪華な42フィート艇で楽しむマリンライフ
リーガル42フライは、ボリュームある居住空間の、随所にリーガル社らしいこだわりのアイディアを凝らした艤装類が見受けられます。特に一体感ある後部デッキとメインサロンと広々としたフライブリッジは素晴らしいパーティースペースです。昼はフライブリッジでバーベキューパーティー、夜はサロンでおしゃれなオン・デッキ・カクテル・パーティーなどを楽しめます。もちろんパーティーだけでなく、マリーナステイや、ショートクルーズからロングクルーズ、さらには各種マリンスポーツまで、多彩なマリンライフを楽しめます。
なおリーガル42フライは、2020年4月3日(金)~5日(日)に開催される「関西ボートショー2020」(会場:新西宮ヨットハーバーhttp://kansai-boatshow.jp )にて係留展示される予定です。

■リーガル社について
リーガル社は1969年に創業したアメリカのボートメーカーで、2019年秋には50周年を迎えました。数多くのプレジャーボートを生産、現在は全世界に輸出しています。ブランド毎の離合集散の多い北米のボート業界にありながら、独立した資本で経営されている稀有なメーカーの一つです。現在も創業一家が経営を行っています。日本では2012年から株式会社ヤマハ藤田が総代理店となり輸入を行っています。

■株式会社ヤマハ藤田について
ヤマハ藤田は、創業以来60年間「人と海との共存関係の中に、人の幸せや豊かさが存在する」と考え、最高の品質、適正な価格でマリンサービスを提供するべく、「ボート販売、メンテナンス事業」「ボートレンタル事業」「マリーナ・カフェ事業」「教育・ライセンス事業」を中心に事業展開してまいりました。お客様の価値観やニーズは、時代の変化とともに多様化し、変化します。マリンスポーツを積極的に楽しみたいという若い方々、フィッシングやボートライフを充実させることを生きがいとされるアクティブ・シルバー世代の方々など、様々に変化するニーズに応え、時代に応じた新たな魅力のあるマリンサービスを提供しております。

■会社概要
商号 : 株式会社ヤマハ藤田
本社 : 兵庫県姫路市本町155
代表 : 代表取締役社長 藤田 忠久
資本金 : 1,000万円
事業内容 : マリーナ、ヨットハーバー施設の経営およびコンサルタント業務
ボート、ヨット、エンジンの販売・修理および輸出入業務/
マリン用品の販売/法定検査手続き/
小型船舶操縦士免許教習所事業/レンタル事業/レストラン事業
企業サイト: https://www.seasea.jp/

東日本エリア>
支店:東京都渋谷区神宮前4-11-14-202
支店:神奈川県横浜市金沢区能見台通1-7

<西日本エリア>
支店:兵庫県神戸市須磨区若宮1-1-4 須磨ヨットハーバー
支店:兵庫県たつの市御津町苅屋1131-1 オークマリーナ

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る