旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『ワイルド・スピード』ドウェイン・ジョンソンVS巨大猛獣!超肉体派俳優ドウェイン・ジョンソンと地上最強の巨獣たちが繰り広げるアドレナリン全開のパニック・アクション映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』2020年2月29日(土)フジテレビ土曜プレミアムで地上波初放送!

2020年02月20日16時00分 / 提供:@Press

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社の一部門であるワーナー・ブラザース テレビジョン(シニア バイスプレジデント:小田 充)は、『ワイルド・スピード』シリーズや『カリフォルニア・ダウン』に出演しているドウェイン・ジョンソンが主演する、世界興行収入4億2800万ドルを突破した映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』を、2020年2月29日(土)にフジテレビ土曜プレミアムで地上波初放送します。

<作品紹介>
■『ランペイジ 巨獣大乱闘』について
1986年発売のアーケードゲーム「RAMPAGE」を基に実写化されたパニック・アクション映画。監督は、『カリフォルニア・ダウン』『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』でもドウェイン・ジョンソンとタッグを組んだブラッド・ペイトンが務める。主演のドウェイン・ジョンソンは、高校時代からアメフトの選手として活躍、カナダのプロリーグに所属した経験を持ち、アクションスターとして注目を集める。その他、『ムーンライト』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズにも出演しているナオミ・ハリス、『ウォッチメン』のマリン・アッカーマンが共演。『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く巨獣パニック・アクション映画として注目を浴びた作品。

■あらすじ
霊長類学者デイビスが幼い頃から世話し、深い絆で結ばれていたゴリラのジョージ。ジョージは、手話を使ってデイビスとコミュニケーションを取り、高い知能とユーモアをあわせ持っていた。
ある日、欲に目が眩んだ企業の遺伝子実験が失敗し、ジョージをはじめとする動物が巨大化、所構わず暴れだしてしまう。さまざまな動物の長所を取り入れた遺伝子によって巨獣と化した動物たちは、北米大陸を破壊しながら横断していき、軍による攻撃も効果がない。デイビスはこの大惨事を食い止めるため、解毒剤を探し求めて奔走する。
デイビスは、この巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206165/LL_img_206165_1.jpg
(C) Warner Bros. Entertainment Inc.
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/206165/LL_img_206165_2.jpg
(C) Warner Bros. Entertainment Inc.
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/206165/LL_img_206165_3.jpg
(C) Warner Bros. Entertainment Inc.

(C) Warner Bros. Entertainment Inc.

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る