旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Pittcon 2020においてJAIMA-ETC合同シンポジウムおよびワークショップを開催 ~ バイオ医薬・バイオ治療薬向けの最新分析ソリューションを紹介 ~

2020年02月28日10時30分 / 提供:@Press

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA、〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:中本 晃(株式会社島津製作所 会長)は、世界最大級の研究室・実験室設備機器関連の展示会「Pittcon 2020」(2020年3月1日~3月5日、米国イリノイ州シカゴ)において、米国Enabling Technologies Consortium(ETC)との合同シンポジウムおよびワークショップを開催します。

本シンポジウムでは、近年新薬の主流となっているバイオ医薬・バイオ治療薬の開発に必須の分析手法と話題を提供します。「Advanced Drug Discovery for Biopharma & Biotherapeutics : Technologies for Structural Analysis & Spectroscopic Cell Imaging」をテーマに、顕微ラマン分光分析、最新の質量分析、構造解析と生物学、ヌクレオチドベースの治療薬について紹介します。
また初開催となるワークショップでは、JAIMA会員およびETC参加企業から、製薬・創薬向けの最新の分析ソリューションを紹介します。
世界各国からPittcon 2020へ参加するCRO・CMO・製薬企業に対して、日本国内外のバイオ医薬品およびバイオ治療薬に関連する分析ソリューションを紹介し、分析計測の新技術が製薬の課題解決に貢献する可能性を示すこと、そして製薬と分析機器相互の製品開発へと繋げる機会を提供することが、開催の目的です。
尚、ワークショップ終了後には、米国メガファーマをはじめとする、製薬企業各社との交流の場としてネットワーキングレセプションを開催します。

【Pittcon 2020 JAIMA-ETC合同シンポジウム開催概要】
名称:JAIMA & ETC SYMPOSIUM
Advanced Drug Discovery for Biopharma & Biotherapeutics : Technologies for Structural Analysis & Spectroscopic Cell Imaging

日時:2020年3月3日(火) 8:30~11:45
会場:ハイアットリージェンシー マコーミックプレイス Room W183C

講演(演題及び講演者は予定)
<Advanced Drug Discovery for Biopharma & Biotherapeutics>
8:35~9:10
Raman Spectroscopic Evidence for Tertiary Structural Differences Between Insulin Molecules in Fibrils : John Carpenter (Univ. of Colorado)

9:10~9:45
Characterization of mRNA, A Novel Modality for Therapeutic Antibody EngineeringNucleotide-based Therapeutics-Analytical and Bio-analytical Characterization : Kristian Link (Moderna, Inc.)

9:45~10:20
Pulsing Ambient Ionization Mass Detection Without Sample Dilution in the High Throughput Synthesis Optimization Experiment : Brian Musselman (CEO, IonSense, inc.)

10:20~10:35 Recess

10:35~11:10
Executing a Strategy of Analytical Innovation in Pharmaceutical Development : Faster, Denser Knowledge Generation in HPLC :
Jonathan Shackman (Bristol-Myers Squibb)

11:10~11:45
Structural Biology in Drug Discovery Research-Current Technology and Beyond : Atsushi Nakagawa (Institute for Protein Research, Osaka University)

【Pittcon 2020 JAIMA & ETC WORKSHOP 開催概要】
名称:JAIMA & ETC WORKSHOP
Analytical Solutions for Advanced Drug Discovery & Pharmaceutical Practice : Innovation Between Analytical Science & Pharmaceutical Requirements

日時:2020年3月3日(火) 13:30~16:40
会場:ハイアットリージェンシー マコーミックプレイス Room W183C

13:30~14:05
Non-invasive Cell Analysis by using Spectroscopic Imaging:
Sakiko Akaji (HORIBA, Ltd.)

14:05~14:40
Exploring the macromolecular landscape using SAXS・Novel applications of solution diffraction method: functional structure analysis, and use in the formulation and quality control of Biotherapeutics : Angela Criswell (Rigaku Americas Corp.)

14:40~15:15
Miniaturizing Wet Granulation:Ajit Narang (Genetech)

15:15~15:30 Recess

15:30~16:05
Analysis of Monoclonal Antibody Glycoforms using a Novel FcR Receptor Affinity Stationary Phase:Atis Chakrabarti (Tosoh Bioscience LLC)

16:05~16:40
Unleashing the Mass Spectrometer Throughput Capability to it’s Maximum:
Jean Lacoursiere (Phytronix Technologies)

【Pittcon 2020 JAIMA & ETC NETWORKING RECEPTION】
日時:2020年3月3日(火) 17:15~19:15
会場:ハイアットリージェンシー マコーミックプレイス 2F Burnham Room

【Pittcon 2020について】
Pittcon(The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy):
90を超える国々の企業・教育機関・政府機関などから18,000人以上が参加する世界最大級の研究室・実験室設備機器関連のコンファレンス・展示会

期間 : 2020年3月1日(日)~3月5日(木)
(展示会は3月3日(火)、4日(水)、5日(木)の3日間)
会場 : 米国イリノイ州シカゴ、
ハイアットリージェンシー マコーミックプレイス
オフィシャルサイト: https://pittcon.org/
JAIMA出展ブース : No, 1619

【米国The ETCについて】
13社の製薬企業および製薬ベンチャー企業が参画している米国の共同事業体。7つのワーキンググループが設置され、製薬企業の非競争領域での共通の技術課題の解決にも取り組んでおり、そのための新たな分析計測手法の探索もすすめられている。
オフィシャルサイト: https://www.etconsortium.org/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る