旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

妊娠・出産でしぼんだバストを取り戻す方法

2020年02月10日15時00分 / 提供:@Press

画像 : https://newscast.jp/attachments/O5KawIzyWeBxM3o68MPh.jpeg

妊娠すると、女性ホルモンの影響でバストが大きくなります。妊娠2ヵ月くらいから徐々に大きくなり始め、妊娠後期にはもとのサイズに比べて1〜3カップくらい大きくなります。
もともと小さなバストだった人にとって、妊娠中にバストが大きくなっていくのはとても嬉しいものです。しかし、喜びもつかの間、赤ちゃんへの授乳をやめると、急激にバストは小さくなっていきます。
単純に小さくなるだけなら「少しの間だけでも、豊満なバストを味わえた」と思えるのですが、一度大きく膨らんだあとにサイズダウンしたバストは、しおれた花のように元気がなくなります。全体的に下垂し、皮膚の張りも失われてしまうのです。
しぼんだバストを見てショックを受ける人は少なくありません。実際、美容クリニックで豊胸術を受ける人のなかには、「出産後にバストが下がった」「断乳したら、突然張りがなくなった」「妊娠前より小さくなってしまった」というきっかけの人がたくさんいらっしゃいます。
どうして出産後にバストはしぼんでしまうのか。そして、一度しぼんでしまったバストを、以前のような張りのあるバストに復活させる方法はあるのか。出産後のバストのケアについて、詳しく解説していきましょう。

バストが垂れる原因とは
妊娠するとホルモンの影響で乳腺葉と乳腺が発達する

続きを読む : https://xn--x30au5u.jp/column/breast_augmentation_basic/pregnancy-birth/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る