旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

先進医療特約加入の方は必読!保険の違いと白内障手術の種類

2020年02月06日12時20分 / 提供:@Press

画像 : https://newscast.jp/attachments/6qbnCtS4ziilVhxWuwvN.jpeg

白内障の手術には、公的な医療保険が適用されるもの、先進医療特約の対象となるもの、自由診療で行われるもの、の3種類があります。それぞれ使うことのできる眼内レンズも、患者さま自身の費用負担も異なります。
※多焦点眼内レンズによる白内障手術は、2020年3月末をもって先進医療から除外されることが決定されました。(2019年12月13日、厚生労働省中医協総会決定)先進医療特約保険を利用しての手術を検討されている方は、お早めにご相談ください。
お電話でのご相談のほか、アイケアクリニックで定期的開催している白内障手術セミナーでも詳しく説明しております。

保険の違いによる白内障手術の3つの種類

白内障手術は、以下のステップで行います。
1 水晶体を包んでいる嚢に穴を開ける
2 嚢の中にある水晶体を砕いて取り出す
3 人工眼内レンズを挿入する

続きを読む : https://cataract.eye-care-clinic.jp/cataracts/surgery/412

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る