旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

血液中のトリプトファン代謝産物の解析を通してうつ病予備群の早期発見に役立つ可能性を発表

2020年02月06日19時00分 / 提供:@Press

学校法人藤田学園藤田医科大学(以下、藤田医科大学、所在地:愛知県)齋藤邦明教授、鍋島俊隆教授、山本康子准教授、毛利彰宏准教授、名古屋大学尾崎紀夫教授らの研究グループは、血液中のトリプトファン代謝産物の解析を通して、抑うつ病態の早期発見に役立つ検出マーカーの探索を行いました。この結果、トリプトファン代謝産物の一つであるアントラニル酸が抑うつハイリスク群において血液中で高くなることを明らかにしました。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る