旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

東京圏と地方圏の大学生の対流を促進 法政大学と名桜大学が単位互換学生交流に関する協定を締結

2020年02月07日17時00分 / 提供:@Press

法政大学(東京都千代田区、総長:田中 優子)と名桜大学(沖縄県名護市、学長:山里 勝己)は、このたび単位互換を目的とした学生交流に関する協定を締結しました。つきましては2020年2月29日(土)に名桜大学にて学生交流協定締結記念イベントを開催します。本イベントは、法政大学市ケ谷キャンパスでの遠隔配信を予定しています。

両大学は、これまでも他の大学・大学院と単位互換を目的とする協定を締結し学生交流を行ってきましたが、この協定締結により、両大学の学生が相互に相手大学・学部の授業科目を履修することが可能となります。また、履修した科目の単位は自身が所属する大学の卒業に必要な単位として認められるようになります。2020年度から学生交流を開始します。

異なる地域や大学で学習できる環境が一層整備され、多様な学びを実現する機会がますます増えることとなります。

なお、法政大学名桜大学は、内閣府が実施する「平成30年度地方と東京圏の大学生対流促進事業」に応募し「東京から沖縄へ、沖縄創生のための課題解決型人材育成プログラム」が採択され、現在、他の沖縄県内の大学とも連携して単位互換学生交流等を推進しています。

【イベント概要】
※ご取材を希望の場合は、予め下記お問合せ先まで必ずご連絡ください。
■日時 :2020年2月29日(土)13:00~16:30
■内容 :第1部 交流協定締結報告
第2部 シンポジウム
『地域(沖縄名護市東京)の持続可能な発展(地域間連携を踏まえて)』
第3部 学生報告
■場所 :<主会場>
名桜大学 学生会館SAKURAUM 6階 スカイホール
<遠隔配信会場>
法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー19階 D会議室
■出席者:法政大学副学長 廣瀬 克哉 名桜大学国際学群長 新垣 裕治
名護市長 渡具知 武豊(予定) 名護市観光協会理事長 前田 裕子(予定)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る