旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

高さ・幅“約9cm”の小さな“薄い財布”が登場!2月8日からクラウドファンディングで予約販売を実施

2020年02月08日11時30分 / 提供:@Press

「SYRINX(シュリンクス)」は、高さ・幅ともに約9cmの小さな“薄い財布”『HITOE Fold』の予約販売をクラウドファンディング「Machi-ya & Campfire」にて、2020年2月8日(土)AM0:00(金曜深夜24:00)から開始しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/204745/LL_img_204745_1.jpg
小さな【薄い財布】HITOE Fold

▽クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/217933

■『HITOE Fold』について
「HITOE」シリーズは、コインとカードが重ならない「薄い財布」です。これまでL字ファスナーの長財布や短財布をリリースし、財布のクラウドファンディングの国内最高額など、数々の記録を達成してきました。
「薄い」だけでなく、「小さい」財布を追求した「HITOE」シリーズの進化形、それが、この『HITOE Fold』です。究極にシンプルなデザイン・スムーズな使い心地・十分な収納力、キャッシュレス時代に相応しい理想を追求し、創意を凝らし、デザインしました。

公式サイトのリリース: https://syrinx.audio/blogs/topics/hitoe-fold

■商品特長
・薄さ際立つ「単(ひとえ)構造」
財布が厚くなるのは、カードとコインが重なるから。これを解決するのが「単(ひとえ)構造」です。カードとコインを重ねず、従来の財布より圧倒的に薄くなりました。重なる革は、わずか4枚(合計約6〜7mm)。紙幣10枚・コイン15枚・カード6枚。たっぷり収納しても、圧倒的な薄さとなります。(意匠登録出願済)

・小さな「薄い財布」
カードとコインを重ねない財布は、複数存在します。『HITOE Fold』はその中で最小を目指しました。たどり着いたのは、カードとコイン、ジャストサイズ。これ以上、どこも削れないコンパクトさです。弊社の「HITOE L-zip S」と比べ、34%も小さくなりました。

・特許出願のフラップ
フラップ右上にある三角の革を、収納するカードに掛ける独自の留め方を発明しました。留め具として機能すると同時に、カードの不意の落下を防止します。また留め具が出っ張らないので、革で挟むだけのシンプルな外観となり、ポケットの中で引っ掛かりがありません。金属を一切使用しないので、服やカードを傷つける心配もありません。

■商品概要
外形寸法: 約W.91×H.93×D.13mm(紙幣10枚・カード6枚収納時)
製品重量: 約50g
素材 : 牛革(イタリア Tempesti社 Elbamatt)
生産 : Made in Tokyo, JAPAN
付属品 : イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書
化粧箱
取扱説明書
緊急連絡先カード
URL : https://syrinx.audio/products/hitoe_fold

■クラウドファンディング(リターン)
<価格:13,900円…HITOE Fold 1個>
先着300名様:Agave
先着200名様:Cammello、Piombo、Nero
先着150名様:Fragola、Lattuga
※ 2020年5月から発送予定

<価格:14,900円…HITOE Fold 1個>
先着800名様:HITOE Fold 全6色から1つ選択
※ 2020年6月から9月までお申し込み順で発送

▽クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/217933

■「SYRINX」について
建築家・佐藤 宏尚が、自らが設計した空間のために、スピーカーを創ったことからすべては始まります。
柔らかな革のボディが創り出すクリアな音が評判を呼び、それに応えるために、オーディオブランド「SYRINX(シュリンクス)」は誕生しました。

音質のために「柔らかく重い革」を探し求め、出会ったのは、イタリアでも希少なヴァケッタレザー。エイジングによる色艶が見事なまでに美しい革ですが、端材が大量に発生します。
「いただいた命を大切に使い切りたい。」
その想いから、プロダクトの開発が始まりました。

そして、「革×新」をキーワードに、TSUTSUMUやHITOEなど、新たなコンセプトの革製品を次々と発表し、クラウドファンディング で合計1億円以上の支援を達成。さらに世界三大デザインアワードの2つ「iF Design Award(独)」や「IDEA(米)」のほか、「A' Design Award(伊)」「おもてなしセレクション(日)」を受賞するなど、国内外で高く評価されています。

「D2C(Direct to Consumer)」に、「Designer to Consumer」の意を重ね、デザイナーの理想を、クラウドファンディングで世に問い、直接顧客にお届けしています。

■DESIGNER/建築家 佐藤 宏尚(サトウ ヒロタカ)について

<経歴>
兵庫県加古川市生まれ
1996 東京大学工学部建築学科卒業
1998 東京大学大学院修士課程修了 プランテック総合計画事務所入社
2001 佐藤宏尚建築デザイン事務所設立
2014 慶應義塾大学大学院 非常勤講師
2016 東京大学・東京大学大学院 特別講師
SYRINX 設立

佐藤宏尚建築デザイン事務所: https://synapse.co.jp/
その他(受賞歴) : https://syrinx.audio/pages/about-syrinx

■会社概要
社名 : SYRINX
代表 : 佐藤 宏尚
所在地: 〒108-0073 東京都港区三田4-13-18 三田ヒルズ2F

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る