旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「ワークライフバランス」満足度調査ワークライフバランスの満足度は33%と、2年連続で上昇。

2020年01月23日11時15分 / 提供:@Press

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の派遣の仕事探しサイト『エン派遣』( https://haken.en-japan.com/ )上で、サイト利用者を対象に「ワークライフバランス」についてアンケート調査を行ない、3,140名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

調査結果 概要
★ ワークライフバランスの満足度は33%と、2年連続で上昇。
★ ワークライフバランスの改善策、第1位は「働きに見合った報酬が得られる」。
★ 53%が、ライフイベントに応じて働き方を変えた経験あり。適切な選択をするために大切なことは、「物事の優先順位の明確化」。

調査結果 詳細
1:ワークライフバランスの満足度は33%と、2年連続で上昇。(図1、図2)
「現在(未就業中の方は直前)のワークライフバランスはいかがですか?」と伺ったところ、33%が「良い」と回答しました。昨年の同調査に比べ、6ポイント上昇。2018年から2年連続で上昇しています。

雇用形態別に見ると、「良い」という回答がもっとも多かったのは「派遣社員」(36%)でした。次いで「アルバイト・パート」(32%)、「フリーランス」(32%)が続きます。

【図1】現在(未就業中の方は直前)のワークライフバランスはいかがですか?
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203841/img_203841_1.png

【図2】 現在(未就業中の方は直前)のワークライフバランスはいかがですか?(雇用形態別)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203841/img_203841_2.png

2:ワークライフバランスの改善策、第1位は「働きに見合った報酬が得られる」。(図3)
「ワークライフバランスが悪い」と回答した方に、改善策を伺いました。すべての雇用形態でもっとも多かったのは「働きに見合った報酬が得られる」(正社員:64%、契約社員:70%、派遣社員:62%、アルバイト:62%、フリーランス:83%)でした。

雇用形態別でみると、正社員と契約社員は「働く時間・日数が適正になる」(正社員:65%、フリーランス:63%)、派遣社員は「やりがいを感じられる仕事を選ぶ」(40%)のポイントが目立ちました。

【図3】「ワークライフバランスが悪い」と回答された方に伺います。どのようにしたら改善すると思いますか?(複数回答可)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/203841/img_203841_3.png

3:53%が、ライフイベントに応じて働き方を変えた経験あり。適切な選択をするために大切なことは、「物事の優先順位の明確化」。(図4、図5)
「これまでに子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて、働き方(雇用形態や勤務時間など)を変えた経験はありますか?」と伺ったところ、53%が「ある」と回答。

経験者に、人生の各段階に応じて適切な選択をしていくために大切だと思うことを伺ったところ、「物事の優先順位を明確にする」(61%)が最多でした。働き方を変えて良かったこと、反対に後悔したことなど、具体的なコメントも紹介します。

【図4】これまでに子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて、働き方(雇用形態や勤務時間など)を変えた経験はありますか?
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/203841/img_203841_4.png

【図5】「これまでに子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて働き方を変えた経験がある」と回答した方に伺います。適切な選択をしていくために大切だと思うことは何ですか?(複数回答可)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/203841/img_203841_5.png

働き方を変えて良かったこと
・正社員から、融通の利く派遣社員へ転向。定時で帰宅できるようになり、気持ちにゆとりもできて、プライベートに仕事を持ち込まなくなった。(28歳女性)

・無理をしすぎてしまうタイプなので、勤務時間や業務内容、短期・長期の選択など、色々な選択肢がある派遣という働き方を選びました。自分に向いていると感じています。(33歳女性)

・結婚前は営業職で激務の日々だったのですが、結婚後、夫との時間が作るために、思い切って仕事を辞めました。現在は派遣の事務職に切り替えて、自分らしい働き方ができるようになったと思います。(37歳女性)

働き方を変えて後悔していること
・辞めてから妊娠が分かってしまい、育児手当をもらえなくなってしまった。(27歳女性)

・時短勤務にしたが、通勤時間が長い割に給料が低いので仕事のモチベーションが下がってしまった。(29歳女性)

・いざ子育てが落ち着き、正規雇用で復帰したいと思っても、なかなかいい条件の仕事が見つからない。時短勤務などを活用して、正社員を続けておけば良かった。(43歳女性)

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『エン派遣( https://haken.en-japan.com/ )』を利用しているユーザー
■有効回答数:3,140名
■調査期間:2019年11月28日 ~ 12月25日

利用者満足度No.1 日本最大級の派遣情報サイト『エン派遣』
https://haken.en-japan.com/
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/203841/img_203841_7.png

派遣で仕事を探す求職者と、全国の優良人材派遣会社を結ぶ、日本最大級の派遣情報サイトです。派遣で働きたい人のさまざまなニーズと、派遣会社の持つ仕事情報のマッチングを重視したサイト設計が好評です。どんな仕事情報も、埋もれることなく、それを希望する派遣ユーザーにお届けします。

==============================
◆本件に関する問合せ先
エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原松田清水西春
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4683
MAIL:en-press@en-japan.com

◆エン・ジャパン株式会社について
社名:エン・ジャパン株式会社
URL:https://corp.en-japan.com/

運営サイト:【求人情報】
エン転職:https://employment.en-japan.com/
エンエージェント: https://enagent.com/
ミドルの転職:https://mid-tenshoku.com/
AMBI:https://en-ambi.com/
エン派遣:https://haken.en-japan.com/
エンウィメンズワーク:https://women.en-japan.com/
エンバイト:https://hb.en-japan.com/
女の求人マート:https://womanmart.jp/

【入社活躍支援サービス】
エンカレッジ:http://en-college.en-japan.com/
HR OnBoard:https://on-board.io/

【適性検査・適性診断】
3Eテスト:http://jinji-test.en-japan.com/

【利用企業数国内No.1の求人支援ツール】
engage(エンゲージ):https://en-gage.net/

【情報サイト】
カイシャの評判:https://en-hyouban.com/
キャリアハック:http://careerhack.en-japan.com/
人事のミカタ:https://partners.en-japan.com/
エン転職大辞典:https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/
スマート業界地図:https://en-hyouban.com/smartmap/
==============================

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る