旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

介護する方149人に生活動作に関する意識調査を5年継続で実施 “歩行”が最も衰えを知覚しやすい生活動作であることが判明 ~安心して歩行ができ、外出できる環境が大切~(調査期間:2015年~2019年、毎年5~7月に実施)

2020年01月20日16時00分 / 提供:@Press

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原 豪久)は、大人用紙おむつ市場を牽引するメーカーとしてご本人とその介護者をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。この度、介護する方149人に日常生活動作に関するアンケート調査を2015年から5年間継続して行いましたので、その結果の一部をご報告します。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る