旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Quadceptがオンライン電子部品大手のコアスタッフと部品の在庫情報連携による業務提携を発表

2020年01月08日10時30分 / 提供:@Press

Quadcept(クアッドセプト)株式会社(本社:大阪府大阪市北区豊崎三丁目1番22号、代表取締役社長:加藤 昌宏、以下 Quadcept)は、コアスタッフ株式会社(本社:東京都豊島区南池袋一丁目16番15号、代表取締役社長:戸澤 正紀、以下 コアスタッフ)とCADからのシームレスな部品在庫情報連携を開始しました。電子CADソフトのQuadceptとコアスタッフが自社保有する約5万点強の正規品在庫データベースのダイレクト連携により、利用者は国内最大級の半導体・電子部品通販サイト 「CoreStaff ONLINE」の部品情報をリアルタイムに参照し、部品選定、調達の時間を大幅短縮することが可能になりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202523/LL_img_202523_1.png
CAD画面から部品情報を参照可能

今回の連携により、ユーザはQuadceptのCAD画面からキーワード検索とフィルター機能を使用し、メーカー、型番、スペック別に絞り込みができ、画面上のアイコンをクリックすることで、詳細スペックを比較しながら目的の部品を選定することができます。コアスタッフが提供するデータベースに掲載のある正規品在庫は、自社の長野物流センターで保管され、15時までの注文は即日出荷対応しています。数量1つから部品を販売しており、必要な部品を短納期かつ必要数量で提供することが可能です。この連携機能を使用することで、部品選定、設計、発注までの作業をスムーズに行い、簡単に部品を調達することができます。

コアスタッフとの提携により、Quadceptのユーザはさらに多くの部品データベースを参照することが可能となり、また必要な部品を短納期かつ手頃な価格で購入できるようになりました。Quadceptは部品連携のみならず、基板設計、製造、実装サービスの「Elefab(TM)」ともシームレスに連携しており、設計製造リードタイムの短縮につながる便利なものづくりサービスを提供し続けてまいります。

■「Quadcept」について
回路設計・プリント基板設計用の電子CADソフトウェア。初期費用だけなく、保守費用・バージョンアップ費用も0円、月額使用料3,800円から使用することができ、既存のハイエンドCADに比べ、ランニングコストを最大90%オフで運用することが可能。Quadceptは業界で初めてクラウド型の電子CADを提供。更に周辺サービスとして、各ネットリストフォーマットを変換・照合する無償のサービス「NET CHANGER」、基板製造・部品実装をCADから直接発注できる製造サービス「Elefab(TM)」を提供するなど、革新的な設計思想で開発しています。

■Quadcept株式会社
会社名 : Quadcept株式会社
代表者 : 代表取締役社長 加藤 昌宏
本社所在地: 大阪府大阪市北区豊崎3丁目1-22 淀川6番館4F
URL : http://www.quadcept.com

コアスタッフ株式会社
会社名 : コアスタッフ株式会社
代表者 : 代表取締役社長 戸澤 正紀
本社所在地: 〒171-0022 東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
URL : http://www.corestaff.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る