旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

監視・セキュリティ市場向けに、監視カメラと連携する27型モニターと専用機器を発売

2020年01月09日15時15分 / 提供:@Press

EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、監視・セキュリティ市場向けに、27型IPモニター「DuraVision FDF2711W-IP」とIPデコーディングボックス「DuraVision DX0211-IP」を1月29日に発売します。価格はオープン価格※1です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202478/LL_img_202478_1.jpg
DuraVision FDF2711W-IP
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/202478/LL_img_202478_2.jpg
DuraVision DX0211-IP ※2

※1 オープン価格の商品は標準価格を定めていません。
※2 モニターはDX0211-IPに付属されません。
・IPとは…インターネットプロトコルの略称で、インターネット上での通信規約をさします。

1. 背景・企画意図
監視カメラや防犯カメラの普及は、商業施設・公共施設・オフィス・病院など、さまざまな場所で加速しています。昨今、同用途で用いられるカメラは、施設内に複数台設置する必要があるため、映像を同軸ケーブルで伝送するアナログカメラに代わって、取回しのよいLANケーブルで伝送するIPカメラ(ネットワークカメラ)へと移行しつつあります。IPカメラは、伝送効率がよく、遠隔での複数箇所の確認に優れています。

IPカメラは、撮影映像をエンコード(圧縮)して伝送しており、これを表示するためには、デコード(解凍)が必要で、一般的にはPCや周辺機器を用いて行います。撮影映像をモニターに表示するまでに複数の機器を接続することになるため、システム構成が複雑化し、設置時のセットアップに手間がかかったり、接続ケーブルが煩雑になるという課題がありました。

当社は、IPカメラにLANケーブル・ハブを介して直接接続し、ライブ映像をリアルタイムにデコード表示できる機能を備えた「IPモニター」を2014年5月から販売しています。当社のIPモニターを使ったシステムは、PCを必要としないためセットアップが簡単で、機器管理・情報保全の観点からも煩わしさがありません。また、LANケーブル・ハブのみでの接続は、ケーブルマネージメントを容易にし、設置自由度が高くなります。

今回、新型IPモニターとして、27型「DuraVision FDF2711W-IP(以降FDF2711W-IP)」を発売し、現行の23型、46型に加え、ラインナップを拡充させます。

また、デコード表示できる機能を、大型から小型までさまざまなサイズのモニターにおいて使用したいとのニーズに応え、IPモニターの機能をボックス形状に集約したIPデコーディングボックス「DuraVision DX0211-IP(以降DX0211-IP)」を発売します。これにより、ユーザーは場所・用途に合わせて、接続するモニターのサイズを自由に選択できます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/202478/LL_img_202478_3.jpg
IPカメラ表示構成の比較

2. 主な特長
現行機種から性能も進化させています。現行機種は、登録・同時表示できるIPカメラが最大で16台ですが、FDF2711W-IPおよびDX0211-IPでは、48台まで登録でき、32台まで同時に表示できます。また、カメラからの4K映像信号(3840×2160/30fps)の入力に対応し、FDF2711W-IPはフルHD(1920×1080)にダウンスケーリングして表示、DX0211-IPはモニターに最大で4K(3840×2160)出力できます。

更に、マルチモニター表示に対応。FDF2711W-IPは、HDMI出力端子を1系統装備し、フルHD(1920×1080)のモニターをもう1台接続可能です。DX0211-IPは、HDMI出力端子を2系統搭載し、2台のモニターにそれぞれ最大で4K(3840×2160)の映像信号を出力できます。2台を並べて拡張表示で使用した場合は、カメラ映像をより大きく表示でき、複製表示で使用した場合は、複数箇所で同一映像を確認する用途に最適です。

3. その他の主な特長
・標準で7種類の表示レイアウトを用意
・表示レイアウトのカスタマイズも可能
・Panasonic/AXIS/ONVIFプロトコルに対応し、さまざまなメーカーのIPカメラに接続可能
・イベントに対してモニターやネットワーク機器が行うアクションを設定できるイベント通知機能搭載
・ライブ映像の任意の位置を隠すプライバシーマスク機能搭載
・圧縮効率の高い通信プロトコル「H.265」に対応(Panasonic社のIPカメラのみ)
・HTTPSに対応し、通信内容を暗号化(Panasonic及びAXISプロトコルのみ)
・付属のリモコンやUSBマウスを接続し、簡単に操作が可能
・VESAマウント装備で壁掛け設置に対応
・PoE+(LANケーブルを通じた給電)に対応し、ACアダプタ・電源ケーブル不要【DX0211-IP】
・アクセサリで専用取付金具を用意し、モニターの背面にすっきりと設置が可能【DX0211-IP】
・24時間の連続使用で2年間の長期保証

EIZOのIPモニター、FDF2711W-IP、DX0211-IPの詳細についてはこちら
https://www.eizo.co.jp/solutions/industry/security_and_surveillance.html

EIZO、EIZOロゴ、DuraVisionはEIZO株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

Copyright (C) 2020 EIZO Corporation. All rights reserved.

【お客様からのお問合せ先】
EIZO株式会社 産業機器・特機システム営業部
TEL : 03-5764-3402
FAX : 03-5764-3420
Webサイト: https://www.eizo.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る