旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

グッドイヤー、「東京オートサロン2020」に出展 タイヤ開発力の先進性を、世界的モータースポーツへの取り組みを通して表現

2019年12月25日14時00分 / 提供:@Press

日本グッドイヤー株式会社(代表取締役社長:金原 雄次郎、以下 グッドイヤー)は、2020年1月10日(金)から12日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)にて開催される「東京オートサロン2020」に出展します。

グッドイヤーは120年を越える歴史の中で、モータースポーツの分野でも輝かしい歴史を積み上げてきました。ル・マン24時間における通算14勝に加え、未だ破られていないF1での368勝、また、アメリカの国際モータースポーツ協会(IMSA)レースにて、数十年にわたり収めてきたスポーツカーレースの実績も豊富です。
2019年は、ル・マン24時間を含むFIA世界耐久選手権(WEC)*への歴史的復帰を果たしました。さらに2020年は、北米で四大スポーツを凌ぐとも言われる人気を誇る「NASCAR**」へのオフィシャルサプライヤーとしてのタイヤ提供が66年目になります。

今回の「東京オートサロン2020」グッドイヤーブースでは、世界のモータースポーツに取り組むグッドイヤーの象徴として、NASCAR参戦の「TOYOTA SUPRA」と、グッドイヤーのカラーリングで飾られたWEC参戦の「Jota Sportオレカ車」を展示します。また、昨年に引き続き、服部レーシングの協力のもと、NASCARチームのプロのピットクルーによるタイヤ交換デモンストレーションを公開します。さらに今回は、プロのNASCARドライバーがレース前に使用するドライブシミュレーター「iRacing」を設置し、一般の来場者にも迫力のあるレース体験を提供します。

* FIA世界耐久選手権(WEC)とは、世界三大レースのひとつとされる「ル・マン24時間」を含む世界選手権です。プロトタイプレーシングカーの2カテゴリーとグランドツーリングレーシングカーの2カテゴリーを合わせた合計4カテゴリーから構成されています。
** NASCAR(ナスカー)とは、National Association for Stock Car Auto Racingの略称で、1947年にアメリカ・フロリダ州デイトナビーチで行われたストックカーレースを発祥とし、Monster Energy Cupシリーズ、Xfinityシリーズ、Gander Outdoors Truckシリーズの3シリーズから構成されています。

グッドイヤーブースイメージ】
グッドイヤーブース:西 HALL 2 小間番号205
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202115/LL_img_202115_1.jpg
グッドイヤーブースイメージ1
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/202115/LL_img_202115_2.jpg
グッドイヤーブースイメージ2

【NASCAR TOYOTA SUPRA】
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/202115/LL_img_202115_3.jpg
NASCAR TOYOTA SUPRA

【WEC Jota Sport オレカ車】
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/202115/LL_img_202115_4.jpg
WEC Jota Sport オレカ車

【iRacing】
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/202115/LL_img_202115_5.png
i-Racing

≪日本グッドイヤー株式会社≫
日本グッドイヤー株式会社は1952年創立。国産および輸入品のグッドイヤーブランドのタイヤを、補修用タイヤ市場で販売しています。日本グッドイヤー関連会社の日本ジャイアントタイヤ株式会社は、土木建築車両用・重機用オフロードタイヤを兵庫県たつの市の工場で生産しています。又グッドイヤーは日本において航空機用タイヤのマーケティングと販売も行っています。日本グッドイヤー株式会社とその製品について、ホームページで詳しい情報がご覧頂けます。日本グッドイヤー株式会社ホームページhttps://www.goodyear.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る