旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

東京2020 NIPPONフェスティバル主催プログラムKABUKI×OPERA「光の王」Presented by ENEOSについて

2019年12月25日14時00分 / 提供:@Press

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202089/img_202089_4.png

当社(社長:大田 勝幸)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、組織委員会)が主催する、東京2020 NIPPONフェスティバルオフィシャルパートナーとして、2020年4月18日に開催されるKABUKI×OPERA「光の王」のプレゼンティングパートナーとなることが決まりましたので、お知らせいたします。

東京2020 NIPPONフェスティバルとは、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、全国でくり広げられる文化の祭典です。日本にあらゆる国の人が集う東京2020大会の開催に先立ち、様々な人と文化の交流を通して、多様性が持つ潜在力やすばらしさを伝えることを目指しています。(東京2020公式ウェブサイトhttps://tokyo2020.org/jp/special/festival/
KABUKI×OPERA「光の王」は、東京2020 NIPPONフェスティバル主催プログラムのキックオフプログラムとして展開するもので、歌舞伎にオペラが融合した舞台公演です。“大会に向けた祝祭感”をテーマに掲げ、歌舞伎俳優の市川海老蔵氏と、世界のオペラ界を代表するアンナ・ピロッツィ氏およびアーウィン・シュロット氏とのコラボレーションによるステージが披露される予定です。イベントの詳細、参加申し込み等については、2020年1月末に改めてお知らせいたしますので、ご期待ください!

当社はこれまでも、JXTG童話賞やJXTG児童文化賞・音楽賞といった活動を通して、文化の発展に積極的に取り組んでまいりました。東京2020 NIPPONフェスティバルへの協賛を通じ、日本と世界の文化の融合を推進してまいります。

当社は、東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナー(石油・ガス・水素・電気供給)として、「ENERGY for ALL」を合言葉に、すべての人に「熱いエネルギー」をお届けする様々な活動を今後も積極的に展開してまいります。

<プログラム概要>

1.名称 KABUKI×OPERA「光の王」Presented by ENEOS
2.日時 2020年4月18日(土)17時~(予定) ※1回限り
3.主催 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
4.会場 東京体育館(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目17―1
5.公演概要 オペラを迎えた歌舞伎公演
6.出演者 十一代目市川海老蔵、アンナ・ピロッツィ(ソプラノ歌手)、アーウィン・シュロット(バス・バリトン歌手ほか
7.演出 藤間勘十郎(宗家藤間流八世宗家)
8.指揮者 ジョルディ・ベルナセル
9.オーケストラ 東京フィルハーモニー交響楽団
10.今後の予定 1月下旬に「チケット発売開始記者発表会」を開催予定

<主な出演者>
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/202089/img_202089_1.jpg
十一代目市川海老蔵
2020年5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名
日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、自主公演にも力を入れている。また国外では、パリ国立シャイヨー宮劇場にて十一代目市川海老蔵襲名披露公演を果たし、近年ではシンガポール、アラブ首長国連邦, ニューヨーク・カーネギーホールにて出演する。2007年にローレンス・オリビエ賞にノミネート、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/202089/img_202089_2.jpg
アンナ・ピロッツィ(ソプラノ歌手)
オペラ界で最も注目されている ドラマティック・ソプラノ歌手
1975年生まれ、イタリア出身。生粋のヴェルディソプラノと称され、そのドラマティック・ソプラノと圧倒的な声で世界の名指揮者とオペラハウスを魅了。スカラ座のオープニングを飾る等、現在最も高い評価を受けているプリマドンナの初来日公演となる。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/202089/img_202089_3.jpg
アーウィン・シュロット(バス・バリトン歌手)
最も魅力的なバス・バリトンと称される、オペラ界の人気スター
1972年生まれ、ウルグアイ出身。ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、パリ国立オペラ、バイエルン国立歌劇場、ワシントン・ナショナル・オペラ、ウイーン国立歌劇場他、世界の名だたる歌劇場において国際的な評価を得る、南米屈指の若手バリトン歌手。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る