旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

国内一貫生産のアルミメーカーが作るアルミ製サイクルスタンド<RICCAL(リッカル)>より施設向け設置固定可能タイプ登場!

2020年01月10日10時00分 / 提供:@Press

アルミニウム製品の加工から販売までを一貫で行う、理研軽金属工業株式会社(所在地:静岡県静岡市駿河区、社長:入山 豊)は、軽さに特化した携帯型アルミ製サイクルスタンドを手掛ける<RICCAL(リッカル)>ブランドより、設置固定可能タイプのスタンドを1月10日より発売開始しました。これまでスポーツバイクに乗るサイクリストやイベント主催者をターゲットに、携行タイプのサイクルスタンドを提供してきました。一方の設置固定可能タイプのサイクルスタンドは、駅や空港、各種施設などにおいて気兼ねなく立ち寄ってもらえるような駐輪場機能として、店舗や施設の管理者を中心に提供を行っていきます。
静岡の老舗アルミメーカーが作るアルミ製サイクルスタンド<RICCAL(リッカル)>は、「もっと手軽に、もっと便利に、もっと必要とされる場所に。」をコンセプトに、サイクリストと街を繋ぐ今までにないサイクルスタンドを目指しています。

理研軽金属工業株式会社<RICCAL(リッカル)>特設サイト:
https://www.rikenkeikinzoku.co.jp/products/development/cyclestand/index.html

▼設置固定可能タイプサイクルスタンド

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/201963/LL_img_201963_1.jpg
固定設置可能タイプ登場

▼搭載イメージ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/201963/LL_img_201963_2.jpg
搭載イメージ

【商品詳細】
カラー アルマイトシルバー
設置固定可能タイプ (Pタイプ/重量8kg/最大搭載数7台/耐荷重150kg)
メーカー希望小売価格 オープン価格

<アルミサイクルスタンド RICCALの主な特徴>
サイクルスタンドはアルマイト加工を表面に施し、滑らかな質感に仕上げています。アルマイト加工された製品は紫外線や風雨などの耐候性に大変優れており、屋外使用でも機能上の劣化が起こりにくいため天候に左右されず使用できます。
後施工アンカーで固定が可能な為、設置場所を選びません。
サドルを掛けるパイプ部分は塩ビゴムでガードされているので、サドルレールのキズや横滑り防止します。

ロードバイク、クロスバイクを始め、小径自転車(ミニベロ)も掛けられるので、商業施設やホテル、飲食店、学校や会社の駐輪場に常設するのにも便利です。

<RICCAL(リッカル)>は全国のサイクルシーンをより一層盛り上げます。

理研軽金属工業株式会社
本社 : 〒422-8530 静岡県静岡市駿河区曲金3-2-1
代表 : 代表取締役社長 入山 豊
TEL : 054-281-1111
FAX : 054-281-1221
URL : https://www.rikenkeikinzoku.co.jp/index.html
事業内容: アルミ製品(スパンドレル・ルーバー・庇etc)の生産・開発・販売。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る