旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

サッポロビール(株)・(株)JR東日本リテールネット・北海道旅客鉄道(株)・北海道キヨスク(株)共同企画 「サッポロ生ビール黒ラベル 北海道デザイン缶」発売のお知らせ

2020年08月18日15時45分 / 提供:PR TIMES

※9月2日 一部訂正
最下部に記載の「取り扱い店舗に関するお問い合わせ」に誤りがございました。
お詫び申し上げますとともに、以下のとおり訂正いたします。
誤: 商品部 齊藤・山本 TEL:03-5324-6860/FAX:03-5324-6893
正: お客さま相談室 TEL:0120-756-625

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)・(株)JR東日本リテールネット・北海道旅客鉄道(株)・北海道キヨスク(株)は、4社の共同企画である「サッポロ生ビール黒ラベル 北海道デザイン缶」を、(株)JR東日本リテールネットが運営する「NewDays」「NewDays KIOSK」店舗および北海道キヨスク(株)が運営する「キヨスク」「北海道四季彩館」の一部店舗で、9 月1 日から数量限定発売いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/12361/1550/resize/d12361-1550-264906-0.jpg ]

缶には、2030年度末に新函館北斗札幌までの延伸を予定している(注1)北海道新幹線H5系と、2020年3月から白老駅に停車(注2)している札幌函館間を結ぶ特急北斗のイラストとともに、2020年は北海道の鉄道が140年(注3)と節目の年であることから、北海道鉄道140年ロゴをデザインしました。
北海道の鉄道140年の歴史と未来に思いを馳せながら北海道へ本州から一人でも多くのお客様にお越しいただくことで北海道を盛り上げたいという思いと、北海道のお客様も新幹線で本州にお越しいただきたいという思いを表現しています。
(注1)2015年1月14日開催 政府・与党整備新幹線検討委員会より
(注2)2020年春のダイヤ改正で、ウポポイ(民族共生象徴空間)開設にあわせ、札幌新函館北斗函館間を結ぶ「北斗」24本中19本を白老駅に停車拡大しております。
(注3)1880年11月28日に、北海道最初の鉄道として官営幌内鉄道が札幌~手宮(小樽市)間で開業し、2019年11月~2020年11月は北海道鉄道が140年と節目の年となります。

1.商品名     
サッポロ生ビール黒ラベル 北海道デザイン缶

2.品目      
ビール

3.パッケージ  
500ml缶

4.原材料名  
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ

5.アルコール分  
5%

6.デザイン
北海道新幹線に乗って旅をしよう」のメッセージを下部に配置し、特急北斗と北海道新幹線H5系のイラストを大きくデザイン。「新函館北斗東京 最速3時間58分」「新函館北斗新青森 最速57分」というロゴをあしらっています。

7.発売日  
2020年9月1日

8.発売地域    
JR東日本エリアの「NewDays」、「NewDays KIOSK」、北海道エリアの「キヨスク」、「北海道四季彩館」
※一部店舗では取り扱いがございません。

9.価格      
オープン価格

10.販売計画  
3,000ケース(500ml×24本換算)

11.問い合わせ先
<商品に関するお問い合わせ>
サッポロビール株式会社 お客様センター
TEL:0120-207-800

※9月2日訂正
<取り扱い店舗に関するお問い合わせ>
株式会社JR東日本リテールネット お客さま相談室
TEL:0120-756-625
ポータルサイト:http://www.j-retail.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る