旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

キャッシュレス決済普及で、空前の「ミニ財布」ブームが到来! “小さいだけ”じゃない、気分の上がる財布を紹介!

2020年11月12日10時45分 / 提供:PR TIMES

2020年11月12日(木)『LaLa Begin 12・1月号』発売

11月12日(木)発売の『LaLa Begin 12・1月号』では「ちょこ財布解体新書」と題して、今空前のブームになっているミニ財布を徹底解剖します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/9728/971/resize/d9728-971-248042-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/9728/971/resize/d9728-971-903757-1.png ]

中身で買いたい! 「ちょこ財布」解体新書
財布をわざわざ開けるよりも、スマホで決済をする人が増え、まさに「キャッシュレス時代」が本格化しました。そんな財布を使う機会が減った今、巷でブームとなっているのが「ミニ財布」です。

小ぶりな見かけのミニ財布は、ポケットに入れてもかさばらず、キャッシュレス時代の相棒として人気を博しています。しかし、よくよく見てみると、“小さいだけ”でどれも代わり映えがしないものばかり。そんなミニ財布に食傷気味の方に今回紹介するのは、LaLaBeginが命名した「ちょこ財布」です。

ちょこ財布とは【猪口才(ちょこざい)】という言葉が本来持っている、「ちょっとした才能」という語源から命名しました。小ぶりな見かけでも、ポケットがいっぱいあったり、隠れたところに機能性があったりと想像以上に奥深いものばかり。今回、そんな「ちょこ財布」の条件を満たした、オススメのアイテムを紹介します。

<ちょこ財布>の特徴

片手に収まるぐらいのちょこっとサイズであること
かさばる小銭やカード類もしっかり収納できること
開けるたびワクワクするようなユニークな中身であること

[画像3: https://prtimes.jp/i/9728/971/resize/d9728-971-756213-2.png ]

開けてびっくり「ちょこ財布」
ちょこ財布は中身で勝負! ということで、各財布の内側を拝見。開けるのが楽しみになる、玉手箱のような仕掛けに思わず感嘆のため息がもれます。可愛らしいがま口財布や、かさばるカード類もたくさん収納できる財布まで、編集部オススメの「ちょこ財布」を紹介します。

<目次・特集>
■As you like 使える日常着と楽しい日用品のわがままなモノ選び
■大人の服好き大賞 2020
■中身で買いたい! ちょこ財布解体新書
■見て・触れて・食べて癒される ふわもふ力
■毎日持ちたくなる 相棒ボトル
■LaLa Begin DRY GOODS STORE 「やさしさに包まれたい」

[画像4: https://prtimes.jp/i/9728/971/resize/d9728-971-248042-0.jpg ]

『LaLa Begin 12・1月号』

■発行:Begin
■発行・発売:世界文化社
■発売日:2020年11月12日(木)
■定価 :600円(税込)
■公式サイト https://www.lalabegin.jp/
■Instagram lalabegin_offi
■Twitter   @LaLaBegin_offi
■オンラインストア「LaLa Begin DRY GOODS STORE」 https://market.e-begin.jp/pages/lala_drygoodsstore

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る