旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マスクの夏を、少しでも涼しく。静岡素材を使って「洋服に合う」下駄を開発!

2020年07月06日20時54分 / 提供:PR TIMES

この夏の新作がデビュー!静岡発「mizutori」モダン下駄特集 ステイホームで「部屋履き」にも? 期間限定7月8日(水)→14日(火) ◇松坂屋静岡店

松坂屋では、世界中の人に日本の下駄文化の素晴らしさを知ってほしいと静岡から現代のライフスタイルや生活シーンに合った下駄を提案している静岡ブランド「みずとり」の下駄を、期間限定で特集します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-535653-2.jpg ]

歴史的に見ると、下駄は戦国時代や戦時中ではなく平和な時代にのみ進化を遂げて来た、平和を象徴する履物文化です。湿度の高い日本の風土に合った素晴らしい文化であるにも関わらず、今ではあまり見かけなくなってしまいました。
そこで「下駄のみずとり」では、現代の洋服に合うデザインで、しかも一日履いても足が痛くならない履き心地の良い下駄を作ろうという取り組みをしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-670306-11.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-261162-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-913928-7.jpg ]

<お家時間を豊かに>

履き心地がよく見た目も可愛いので、スリッパ代わりに家で履く人も多いようです。お家時間が長い今、こんな部屋履きもいいのでは?(ただし本来は外用なので、お部屋の床を傷める場合があります、ご注意ください!)最近はステイホームでどうしても運動不足になりがちですが、この下駄は足指が下駄板をぎゅっと掴んで歩く仕組みなので「浮き指」になりにくく、足指の筋肉をよく使うため血流も良くなります。

<地元静岡の木材や地場の工芸品を使用>

[画像5: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-499864-4.jpg ]

下駄板に、静岡産のヒノキ材を使用したものも。地元の木材を使うことにより、静岡の森林の適切な伐採と植林を促します。静岡の木を有効に活用すると同時に、環境保護にも役立っています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-551485-8.jpg ]

鼻緒には、お茶の製造工程で出る製品にならない部分を染料として使用した、静岡市「鷲巣染物店」による静岡ならではの「本山茶染」の生地や、袋井市「そま工房」によるマニラ麻を使った遠州の伝統織物を使うなど、地場の伝統工芸品を活用しています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-831932-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-155413-5.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-913928-7.jpg ]

この夏の新作を中心に、およそ50種を取り揃えます。
あなたのいつものお洋服に合う素敵な下駄を、ぜひ探してみてください。
◆中心価格帯:14,000円~15,000円
松坂屋静岡店 本館1階葵テラス
◆7月8日(水)→14日(火)
[画像10: https://prtimes.jp/i/25003/769/resize/d25003-769-299354-13.jpg ]

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る