旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

もう安い眼鏡からは卒業しよう!眼鏡専門誌が選ぶ「本格眼鏡」とは?

2019年12月11日13時47分 / 提供:PR TIMES

2019年11月30日(水)発売『眼鏡Begin vol.27』

株式会社世界文化社東京都千代田区九段北/代表取締役社長:鈴木美奈子)は、『眼鏡Begin vol.27』を2019年11月30日(水)に発売いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/9728/715/resize/d9728-715-944211-0.jpg ]

今号の第一特集では「本格眼鏡は得をする」と題して、安い眼鏡を卒業してちゃんとした眼鏡を買いたいと思っている方に向けて、本格眼鏡が実はメリットだらけであることを提案します。好評のメンズメイク特集は、映画『HiGH&LOW THE WORST』出演で大ブレイク中の塩野瑛久さんがシーン別の「眼鏡&メイク」を紹介します。また、眼鏡コラムの執筆陣にプチ鹿島氏が加わり、政治家をテーマにした新連載がスタートします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/9728/715/resize/d9728-715-265683-1.png ]

■本格眼鏡は得をする
「巷にあふれる安い眼鏡を使っていたけど、なんだか物足りなくなってきた…」という方に向けて、今号の眼鏡Beginでは、本格眼鏡のメリットについて余すことなく紹介します。旬なトレンドを押さえた編集部イチオシの本格眼鏡の紹介はもちろん、眼鏡作りが盛んなドイツ、デンマーク、日本の「現場」を独自取材しました。また、本格眼鏡の見極め術と題して、眼鏡ショップのプロ達に選び方のポイントを教えてもらいました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/9728/715/resize/d9728-715-173161-2.png ]

■塩野瑛久さん 眼鏡&メイク姿を初公開!
好評のメンズメイク特集では映画『HiGH&LOW THE WORST』出演で大ブレイク中の塩野瑛久さんがシーン別の「眼鏡&メイク」を紹介します。「BUSINESS」「SPORTS CASUAL」「NIGHT OUT」の3つのシーン別に、塩野さんが「眼鏡×メイク」のコーディネートを初披露しています。

■眼鏡Beginについて
モノ&ファッション誌『Begin』のDNAを引き継ぐ眼鏡専門誌(年2回刊)。最新アイテムの情報はもちろん、雑誌史上初のヴァーチャル試着自撮り、ジェーン・スーさんやプチ鹿島さんをはじめとした豪華連載陣による眼鏡コラムも必見です。

■編集長プロフィール
竹内 伊佐夫
1996年世界文化社入社。Begin編集部に配属。眼鏡Begin等、男性ファッション関連のMOOK担当を経て、2017年より現職。眼鏡をこよなく愛し、深い造詣を持っている。メディア出演多数。

[画像4: https://prtimes.jp/i/9728/715/resize/d9728-715-944211-0.jpg ]

『眼鏡Begin vol.27』

■発売日:2019年11月30日(水)
■定価:1,100円(税込)
■発行:株式会社 世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418191364/

<目次>
■本格眼鏡は得をする(プロダクト編/ファクトリー編/ショップ編)
■令和時代の新常識!? メイクアップで眼鏡姿がこんなに”映え”る!!
■人気連載「読めば視野は広がる眼鏡コラム Der Spielplatz」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る