旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

デュアルLAN搭載でIntel Xeon プロセッサ対応のATXマザー、エントリー向けで耐久性にも優れた無線機能対応のmicroATXマザー計2製品を発表

2019年08月22日22時40分 / 提供:PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は、デュアルLAN搭載でIntel Xeon プロセッサ対応のATXマザー「Pro WS C246-ACE」、エントリー向けで耐久性にも優れた無線機能対応のmicroATXマザー「TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)」計2製品を発表しました。8月23日からの販売を予定しています。

■ Pro WS C246-ACE

[画像1: https://prtimes.jp/i/17808/307/resize/d17808-307-986319-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/17808/307/resize/d17808-307-857100-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/17808/307/resize/d17808-307-556661-2.jpg ]

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : Pro WS C246-ACE
対応ソケット : LGA 1151
対応CPU : Intel Xeon プロセッサ E-2200/E2100ファミリー, 第9/8世代 Intel Core, Pentium Gold/Celeron プロセッサ
チップセット : Intel C246
対応メモリ : DDR4-2666×4(最大128GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×3, PCIe 3.0 x1×2
画面出力端子 : DisplayPort×1, HDMI×1
ストレージ機能 : M.2×2, U.2×1, SATA 6Gb/s×4
LAN機能 : 1000BASE-T×2
USB機能(外部/内部): USB 3.2 Gen 2×4 (4/0), USB 3.2 Gen 1×6 (4/2), USB 2.0×4 (0/4)
フォームファクター(サイズ): ATX(305mm×244mm)
価格 : オープン価格
発売日 : 2019年8月23日
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/Pro-WS-C246-ACE/
-----------------------------------------------------------------------

・「Pro WS C246-ACE」の主な特長

Intel Xeon EプロセッサーとECCメモリによるパワフルな性能
Intel Xeon Eプロセッサーに対応しており、常時使用でもパワフルな最適化された性能を提供します。また、ECC(Error-Correcting Code)メモリのサポートにより、メモリのシングルビットエラーの自動検出と修理が可能で、システムクラッシュやデータ破壊を減らし、信頼性と応答性に優れたワークステーション性能を実現します。

ASUS Control Center Express付属
ASUS Control Center Expressは、企業内のデバイスの管理、モニタリング、潜在的なリスクからの保護、複数箇所の在庫管理を行うことができる集中管理型ITシステムです。ダッシュボードからは、システム異常の検知、生産の効率化、定期的なマネジメントチェックを確認することができます。

ProCool II 電源コネクタ
最新のProCool IIは、ホットスポットとコネクタの故障を防ぐためにインピーダンスを下げることによって、より高い耐久性とより長い寿命を提供する拡張されたEATX 8ピン電源コネクタです。 新しいデザインは、より良い散逸性のための金属金と堅いピンへのアップグレードと同様に不正な接続があった際にBIOS POSTメッセージをLEDディスプレイに警告として表示します。

デュアル Intel Gigabit LAN
ネットワークの信頼性を高めるため、CPUリソースの使用と温度を低減しながら圧倒的な性能を実現し、さまざまなOSに対応する最新のサーバークラスのデュアル Intel Gigabit LANが搭載されています。また、デュアルEthernetポートは、ネットワークリンクを組み合わせて、スループットや障害発生時の冗長性を高めるチーミングにも対応しています。

独自設計による改良型PCIeスロット「SafeSlot」を採用
一般的なPCI Express x16スロットはプラスチック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

業界最高水準の高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載
Fan Xpert 4は、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。PWMファンとDCファンの両方に対応しており、PWMファンに対しては、DC制御を組み合わせることで低回転時の制御精度を向上する、PWM/DCハイブリッド制御の「Extreme Quietモード」を使用できます。

■ TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)

[画像4: https://prtimes.jp/i/17808/307/resize/d17808-307-957206-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/17808/307/resize/d17808-307-193027-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/17808/307/resize/d17808-307-718115-5.jpg ]

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)
対応CPU : 第9/8世代 Intel Core, Pentium Gold/Celeron プロセッサ
対応ソケット : LGA 1151
チップセット : Intel B365
対応メモリ : DDR4-2666×4(最大64GB)
拡張スロット : PCIe 3.0x16×2, PCIe 3.0x1×1
画面出力端子 : DisplayPort×1, HDMI 1.4b×1, DVI-D×1
ストレージ機能 : M.2×2, SATA 6Gb/s×6
USB機能(外部/内部) : USB 3.1 Gen 1×6 (4/2), USB 2.0×6 (2/4)
無線機能 : IEEE802.11 ac/n/a/g/b、Bluetooth 4.2 (Wireless-8821CE搭載PCIE TO M.2 WIFI CARD使用時)
ネットワーク機能 : 1000BASE-T×1
フォームファクター(サイズ): microATX(244mm×241mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2019年8月23日
製品ぺージ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/TUF-B365M-PLUS-GAMING-WI-FI/
-----------------------------------------------------------------------

・「TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)」の主な特長

・ミリタリーグレードのコンポーネント
ミリタリーグレードのチョークコイルである「TUFチョークコイル」に、ミリタリーグレードかつ発熱量が少ない「TUF MOSFET」や、通常のコンデンサよりも+20%の温度耐性と2.5倍の長寿命を実現した「TUFコンデンサ」を搭載し、高負荷状態で連続稼働をさせたいようなゲーミングPCに最適なマザーボードとなっています。

・PCの静音化を簡単に実現するファンコントロール機能
Fan Xpert 2+は、CPUファンとケースファンの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。Windows用のソフトを使うことで、CPUの温度が設定温度を超えたらファンの回転数を上げるといった設定や、CPUの温度に応じて段階的にファンの回転数を変更するといった設定を簡単に行うことが可能です。

・LEDでマザーボードを美しく照らす「Aura」機能を搭載
ASUS Aura Sync RGBイルミネーションは、Auraに対応したすべての製品のLEDを1つのアプリケーションからまとめてコントロールし、シンクロした自分好みの光り方にすることができます。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができます。

・高耐久PCI Expressスロット「SafeSlot Core+」搭載
SafeSlot Core +は、ASUS専用のPCIeスロットであり、破損を防ぐためにスロットを保護するステンレス製の一体型ブレースで強化されています。 金属カバーはフックでスロットにしっかりと固定されており、アセンブリ全体が強化されたはんだでPCBにしっかりと固定されており、カードを引き抜く方向に1.6倍、カードの荷重がかかる方向に1.6倍の強度を持たせており、重量のあるグラフィックカードの安全な基盤を提供します。

・PCIE TO M.2 WIFI CARD付属
Realtek Wireless-8821CE Wi-Fiモジュールを搭載したPCIE TO M.2 WIFI CARDをPCIeスロットに接続することで無線でのネットワーク、Bluetoothでの接続が可能となります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る