旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

2019年ファーウェイ世界スマートフォン出荷台数が昨年より64日早く2億台突破

2019年10月28日12時45分 / 提供:PR TIMES

本参考資料は2019年10月23日(現地時間)に深センで発表されたプレスリリースの翻訳です。

【2019年10月23日 中国、深セン】 ファーウェイ コンシューマービジネスグループは2019年のファーウェイ世界スマートフォン出荷台数(Honorブランドを含む)が昨年より64日早く2億台※1を超えたことを発表しました。ファーウェイは、世界中のユーザーにコミットし、最先端のテクノロジーと革新的なデザインに絶えず注力することにより、ユーザーの信頼を高め、支持を得ています。
[画像: https://prtimes.jp/i/24671/304/resize/d24671-304-890527-0.jpg ]

2019年は、総合的なカテゴリーリーダーとして多数の賞を受賞し、現在入手可能な最高のスマートフォンであると認められたHUAWEI P30シリーズなど、多数の傑出したデバイスが発売されました。 数々の賞と称賛の中で、欧州で最も支持されている55の家電雑誌で構成される欧州映像音響協会(EISA)は、HUAWEI P30 Proに「EISA Best Smartphone 2019-2020」を授与しました。ファーウェイのスマートフォンはこのカテゴリで2年連続で受賞しています。

さらに最近では、HUAWEI Mate 30シリーズが高い評価を得ています。 HUAWEI Mate 30 Proは、主力のKirin 990 5G SoC、DxOMarkが評価した画期的なSuperSensing Cineカメラ、未来的なHaloリングデザインを備えたクアッドカメラシステムを搭載し、Android Authorityから「正真正銘、裏切らないフラグシップスマートフォン」と評価され、業界のリーダーとしてのファーウェイの評価を再び強固にしました。

※1:2019年10月23日(中国現地時間)時点。ファーウェイ調べ

ファーウェイ コンシューマービジネスグループについて
ファーウェイの製品とサービスは世界170カ国以上にまたがり、世界人口の3分の1以上にサービスを提供しています。また、北米、ヨーロッパ、日本、インド、中国に14の研究開発拠点を設けています。コンシューマー事業は、携帯電話、パーソナルコンピュータおよびタブレット、ウェアラブルデバイス、モバイルブロードバンド端末、ホーム端末、一般消費者向けクラウドに及び、ファーウェイの3つの基幹事業のうちのひとつとなっています。ファーウェイの30年以上にわたる強固な通信事業を基盤とするコンシューマー事業は、そのグローバルネットワークの優位性や運用能力、世界にまたがるビジネスパートナーシップによってより新しいテクノロジーを提供し、それを世界の様々な国や地域で利用できるよう努めています。

コンシューマービジネスグループの詳細と最新の製品については、ぜひ以下にてご確認ください。
https://consumer.huawei.com/jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る