旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Onkyo/PioneerブランドのAVレシーバーがファームウェアアップデートでHDMI 2.1規格のALLM(自動低レイテンシーモード)に対応

2020年12月22日16時45分 / 提供:PR TIMES

オンキヨーホームエンターテイメント株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表取締役社長:大朏 宗徳)は、本日実施するファームウェアアップデートにより、昨年発売OnkyoおよびPioneerブランドのAVレシーバーがHDMI 2.1規格のALLM(自動低レイテンシーモード)に対応したことをお知らせいたします。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る