旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「小田原童謡大使」ボニージャックス&ベイビー・ブーがX'masコンサートを開催

2018年12月25日17時40分 / 提供:PR TIMES

「童謡100年」の節目にあたる今年、童謡作家・北原白秋ゆかりの地として知られる、神奈川県小田原市より「小田原童謡大使」として任命を受けた、老舗コーラスグループのボニージャックスと、そのボニージャックスの後継者として注目の若手コーラスグループのベイビー・ブーが12月24日、小田原市小田原お堀端コンベンションホールにてクリスマスコンサートを開催致しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/22498/293/resize/d22498-293-172644-1.jpg ]

この、「小田原と童謡」、そして、「童謡作家・北原白秋との縁」は、今から100年前(1918年)、小田原に移り住んだ北原白秋が、児童文芸誌「赤い鳥」の創刊を契機に、童謡詩人として、小田原で活躍の場を広げ、生涯1,200を超える童謡詩の半分以上を、小田原に滞在した8年余の期間に創作したことに由来しています。

そういった「童謡」にゆかりのある小田原市が、「童謡生誕100年」にあたる今年の7月、「童謡のまち小田原」のアピールと、「小田原発で全国への童謡の普及」を目指し、長期に渡り美しい日本の歌を歌い続けきたボニージャックスと、その志を引き継ぎ活動するベイビー・ブーを「小田原童謡大使」として任命。任命後から小田原市内でのイベントに出演をしながら、今回のクリスマスジョイントコンサートを行うに至りました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22498/293/resize/d22498-293-389249-0.jpg ]

■6月30日に行われた「小田原童謡大使」委嘱式(ボニージャックス鹿嶌氏は体調不良で欠席)

コンサートには、加藤憲一小田原市長をはじめ、500名を超える市内の方々が来場し大盛況の中、ボニージャックスとベイビー・ブーの9人が登場。9人で息の合ったコーラスによる「サンタが街にやってくる」を披露しクリスマスムードを演出。また、小田原ゆかりの「からたちの花」「この道」「ペチカ」「待ちぼうけ」といった白秋作品の童謡では、市民の方々も声を合わせ歌う姿も見られ、同地における白秋作品の浸透度が垣間見れました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/22498/293/resize/d22498-293-453066-3.jpg ]

来年以降もこの2組は「小田原童謡大使」として、「童謡」の普及、啓蒙を目的とした小田原市内でのイベントに参加し、またそれぞれのコンサートでも積極的に「童謡」を歌うことで、広く「小田原」と「童謡」をアピールしていきます。

今後のボニージャックス、ベイビー・ブーの活躍に、ご期待ください!

<商品情報>
東京新宿「歌声喫茶ともしび」
「花が咲く日は」2018年度”年間1位”獲得

ベイビー・ブー
「ごめんね…ありがとう/花が咲く日は」好評発売中!
[画像4: https://prtimes.jp/i/22498/293/resize/d22498-293-137653-5.jpg ]

1、ごめんね…ありがとう
2、花が咲く日は
3、ごめんね…ありがとう(カラオケ)
TECG-58 1204円+税

●ジャンルを超えた異色のデュエット実現!

川中美幸&ベイビー・ブー
「明日への伝言」好評発売中!
[画像5: https://prtimes.jp/i/22498/293/resize/d22498-293-778200-6.jpg ]

1、明日(あした)への伝言
2、たそがれ哀愁
3、明日への伝言(オリジナル・カラオケ)
4、たそがれ哀愁(オリジナル・カラオケ)
5、明日への伝言(男声用カラオケ)
6、明日への伝言(女声用カラオケ)
7、たそがれ哀愁(男声用カラオケ)
8、たそがれ哀愁(女声用カラオケ)
TECA-13866 1204円+税

■テイチクエンタテインメント
http://www.teichiku.co.jp/artist/baby-boo/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る