旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【国立科学博物館】環境毒ミクロシスチンを生産する新種のシアノバクテリアを霞ケ浦から発見 ー環境DNAでのみ存在が分かっていたシアノバクテリアー

2021年03月04日18時15分 / 提供:PR TIMES

 独立行政法人国立科学博物館(館長 林良博)は、国立環境研究所、福井県立大学との共同研究により、霞ヶ浦から環境毒ミクロシスチンを産生するシアノバクテリアの新種 アンナミア・デュビア(Annamia dubia)を発見しました。その研究論文がチェコ藻類学会誌(Fottea:フォッテア)に掲載される事になり、このたびオンライン先行公開されます。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る